愛川高等学校 > 先生達も再開を待っています。

更新日:2020年3月17日

ここから本文です。

先生達が教室整備をしています。

臨時休業となり、2週間が経ちました。年度末は、本来であれば、生徒の皆さんによって大掃除を行うところですが、新型コロナウイルスの影響で、皆さんは自宅学習・・・。そこで、先生方が成績処理や生徒への個別対応と並行しながら、マンパワーを発揮して教室の整備・美化を行っています。生徒の皆さんが元気に校舎に戻ってきたときの笑顔を思い浮かべながら。

penki2penki4penki3

penki5penki001penki009

penki007penki008r02penki

 

 

普段、手が回らない部分や、危険なために生徒に任せられない部分など、丁寧にじっくりと行っています。写真は3月13日(金)の放課後の様子です。

また、黒板がある面の壁のペンキ塗りも行っています。まずマスキングテープやビニールシート(マスカー)で養生をします。この丁寧な養生がペンキ塗り成功のカギになります。そして、ローラーと刷毛(はけ)を使い分けながら二度塗りすると、ほとんど塗りムラも感じられない仕上がりです。この日は、外が暗くなるまで作業が続いていました。

生徒の皆さんが、新学期から集中して授業が受けられるように準備を進めています。

(3月17日 校長 村上聡)