愛川高等学校 > 休校2週間、校長から在校生へ(3月16日)

更新日:2020年3月16日

ここから本文です。

休校2週間、校長から在校生へ(3月16日)

生徒の皆さん、新型コロナウイルスによる感染拡大を抑制するために、学校が臨時休業になって2週間が経ちます。健康状態はいかがでしょうか。

 校長アンケート結果1

1週間ほど前(3月10日)、私から生徒の皆さんにアンケートをお願いしました(スマホや自宅のパソコンから回答できる簡単なものです)。内容は、休校になって最初の1週間の皆さんの様子についてです。回答してくれた生徒の皆さん、ありがとうございました。回答人数の内訳は、1年生36%、2年生64%でした(質問1)。

それによると、健康状態がすぐれないという生徒が4%ほどいましたが(質問2)、9割以上の生徒はコロナウイルス感染防止のために気を付けて生活しており(質問3)、また、風邪のような症状がでたり、37.5℃以上の発熱が4日以上続いたりした時の連絡先を知っている生徒は7割を超えていました(質問5)。感染防止への皆さんの意識が高いので安心しました。しかし、一方で、休校になったこの1週間の時間の使い方については、「不規則になり、なんとなく過ごした」という回答が約7割でした(質問4)。この点がやはり一番の心配なところです。

まだまだ休校は続きそうです。健康管理に気を付けて、自分を磨き上げ、自分の良さを伸ばす時間としてください。(3月16日、校長 村上 聡)