更新日:2020年5月7日

ここから本文です。

Google Classroomについて

臨時休業期間中、生徒の皆さんが登校しない状況が続いており、その中で学校との双方向の情報伝達手段として「Google Classroom」の活用を図りたいところですが、一部の生徒の皆さんのレスポンスがない、もしくは極めて遅いです。

今のところは簡単な調査、例えば健康観察調査などしか行っていませんが、この状況が長引けば、学習活動にも使用していくことになると思います。その時になって、課題が配付されたことに気づかない、課題の提出期限に遅れてしまって成績評価が付かない・悪くなる、そんな事態にならないよう、今から気を付けていきましょう。※一部の教科・科目では既に課題の配付・回収、映像の配信などを行っています。

そこで、次の点を確認して、素早いレスポンスで活用していけるようにしましょう。

  1. Google Classroomからの通知設定をオンにする。
  2. 1日1回はGoogle Classroomにアクセス・ログインして、学校・学年・クラス・科目などからの連絡を確認する。
  3. Google Classroomでは個別の連絡はGmailを使用しますので、androidの人はGmailで学校から配付されたアカウントの通知設定をオンにする。iPhoneの人はGmailのアプリをインストールして、学校から配付されたアカウントを設定して、通知設定をオンにする。

 

※注意…安心フィルター等の制限につきましては、こちらをご確認ください