更新日:2020年4月7日

ここから本文です。

令和2年度 麻生総合高等学校 入学式

麻生総合高等学校 入学式式辞

                     entrance-ceremony1entrance-ceremony2

 桜から新緑が芽吹いて鶯がさえずり、春の躍動を感じる季節となりました。

 188名の新入生の皆さん、入学おめでとうございます。

 皆さんは本校の17期生です。

 

 さて、本校の教育目標は、「心豊かに主体的・創造的に生きるための資質や能力を確実に身に付け、社会生活においてそれらを最大限に活用して自己を取り巻く環境に柔軟に対応し、豊かな社会生活をおくることができる人間を育成する。」としています。

 

 さて、義務教育を終えた皆さんに二つお話をします。

 一つ目は、「目的を持つこと」、二つ目は「好きな授業を持つこと」です。

 

 では、一つ目です。

皆さんは、今、高校入学という目標を達成したところですが、これはゴールではありません。

 「目的を持つ」とは、「将来の自分につながる夢を持つこと」です。これは、麻生総合高校での学びを始めるにあたって、とても大切です。

 「こんな職業に就きたい」「あの大学に行きたい」「もっと専門的に学びたい」など、4月中によく考えて、方向を定めてください。

 「麻生総合高校で何のために学ぶのか」。夢なくして努力することはできません。

 15歳で「働くこと」ではなく、「ペンを取って学ぶこと」を選択したことを忘れないでください。

 そして、自分が3年後、あるいはそれ以上先に、「どんな力を持って社会に貢献できるか」を考えましょう。

 

 二つ目の「好きな授業を持つこと」は、夢につながる第一歩となります。

好きなことを頑張り抜く力を身につけてください。それが、苦手なことや嫌いなことを克服する力となります。

 

 授業が始まるまで、まだ時間が掛かりますが、どうか密閉・密集・密接な場所への外出を避け、規則正しい生活を送りながら、楽しみに待っていてください。

 本日、会場にお招きすることが叶いませんでした保護者の皆様方、お子様のご入学、誠におめでとうございます。心からお祝い申し上げます。

 本校は、地域の方々との繋がりを大切にした学校運営をしています。これからの学校へのご協力とご理解をお願いいたしまして式辞といたします。

 

令和2年4月7日

                              麻生総合高等学校長  富澤 桂子