足柄高等学校 > 在校生・保護者の方へ > ちょこっトピックス > 第3回人権学習会を実施しました

更新日:2020年1月29日

ここから本文です。

第3回人権学習会を実施しました

11月14日(木曜日)の6・7時間目に、TBSの竹内明氏、豊田綾乃氏、毎日新聞社の岩下恭士氏をお招きし、1・2年生を対象とした「報道のニュースを使った心のバリアフリー授業」と題して人権学習会を行いました。

日本で唯一の全盲の新聞記者である岩下氏から自身の取材活動をどのように行っているかということや2016年に起きた津久井やまゆり園での悲惨な殺傷事件での被告の考えからみえる日本社会の障がいや障がい者への捉え方の話がありました。また、竹内氏からは、海外での取材を題材とし、白人至上主義など『社会につくられる境界線』が差別や排除へつながっていくというお話や、差別をしてしまうのは、多数派であることへの不安からマイノリティを攻撃する方向に向かうことによるというお話がありました。

生徒代表のパネラー4人も、熱心に発言し、良い授業になりました。

生徒の皆さんは今回学んだことを日々の生活に生かしてください。

足柄高校はこれからも障がいの有無にかかわらず共に学び、共に成長する学校を目指していきます。

第3回人権学習会の写真