足柄高等学校 > 在校生・保護者の方へ > ちょこっトピックス > 歴史研究同好会が社会科研究発表会で入賞しました!

更新日:2021年11月16日

ここから本文です。

歴史研究同好会が社会科研究発表会で上位入賞しました!

2021年11月14日(日曜日)に第27回神奈川県高等学校社会科研究発表大会(社会科部の県大会)がオンライン形式(Zoomミーティング)で行われました。

足柄高校は、「幻の駅弁鮎寿司を追う」というテーマで、戦前東海道本線が走っていた山北駅で販売された鮎寿司について発表しました。町史などの文献資料や内藤和江さんという鮎寿司の調理法を知っている方にお話しを聞き、その内容をまとめました。出場校は9校と少ないものでしたが、並み居る強豪校を押さえ、なんと2位相当の私学理事長賞を受賞することができました。

パワポ表紙ズームで発表1

スライド作成にあたっては1年1組の森山元陽くん、秋山七海さん、1年5組の三留優逢さんが骨子をまとめ、2年4組の菅野日菜さんが得意のデザイン力をもとにスライドを完成させました。発表は会長の2年1組の高橋一星くん、2組の鈴木諒太くんが落ち着いて報告してくれました。

ズームで発表2発表を聞く部員

全国大会には、毎年上位1校~2校参加できるということで、まだ行くことができると決まったわけではありませんが、参加が叶うように祈りたいと思います。2022年度の全国大会は神奈川県で開催されます。

今後とも応援をよろしくお願いします。