茅ケ崎西浜高等学校 > 特色 > 西浜のICT教育

更新日:2021年6月21日

ここから本文です。

西浜のICT教育

過去においても、本校は創立以来、「教育の情報化」の伝統を持ち、平成16年度からはICT利活用教育拠点校としての実績を積み重ねてきました。

平成19年度~平成22年度「特色ある高校づくり」ICT利活用教育重点校

平成19年度より3年間、県の「特色ある高校づくり」の一つとして、ICT利活用授業を推進する重点校に指定され、どの学校でも実施している「情報」という教科はもちろんのこと、商業科目の「情報処理」をはじめとする情報系の科目を多くカリキュラムに取り入れ、各種情報系の検定試験の合格者を多く出してきました。
このICT利活用授業は上記の情報系の科目以外のすべての教科の授業でこのICTを利活用した授業を実践しています。具体的内容については、報告書(PDF:2,732KB)をダウンロードの上、参照していただければ幸いです。

平成26・27年度「神奈川県教育委員会指定ICT利活用教育の指定校」ICT利活用教育推進モデル校

平成26・27年度はICTの利活用を通じた魅力ある授業の創造を目指して、神奈川県のICT利活用教育推進モデル校に指定されました。35期生の10クラスの各教室内に「短焦点プロジェクタ」、「実物投影機」、「スクリーン」が設置され、授業における視聴覚資料の提示・内容を研究し、生徒が興味を持てる授業展開について考える校内研修会を複数回実施しました。

平成28~令和3年度「県立高校改革実施計画」プログラミング教育研究推進校の指定校

平成28年度より3年間、プログラミング教育研究推進校の指定校に指定され、さらに平成31年度より3年間の継続指定となりました。学力の要素してあげられる思考力・判断力・表現力の育成が求められている中、コンピュータの活用して、論理的思考力を身に付け、協働して問題解決に取り組むことができる人材を育成するための研究を行います。

詳しくは「プログラミング教育研究推進校の取り組み」をご覧ください。

平成28・平成29年度「国立教育政策研究所」教育課程研究指定事業(共通教科情報)の研究指定

平成28年度より、本校は国立教育政策研究所より2年間に渡り国立教育政策研究所教育課程研究指定事業(共通教科情報)の研究指定を受けました。共通教科「情報」における、問題解決的な学習の指導・評価方法に関する研究~題材の工夫を通した、意欲の向上、思考力・判断力・表現力の育成~を研究主題にしております。

詳しくは「平成28・平成29年度「国立教育政策研究所」教育課程研究指定事業」をご覧ください。

新聞に掲載されました

本校情報科の鎌田教諭の授業が取材を受け、このたび令和3年6月15日(火曜日)の朝日新聞全国版に掲載されました。「教科『情報』体感してみた」とのタイトルで同紙の「花まる先生公開授業」のコーナーです。

記事はこのリンクです

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。