更新日:2021年9月24日

ここから本文です。

硬式野球部

野球全体

【部員数】 

 

男子

女子

1年生

17

2

2年生

25

2

3年生

18

1

 

【活動日】

 

月曜日

火曜日

水曜日

木曜日

金曜日

朝練

×

放課後

×

土曜日、日曜日あります。

 

【活動場所】
本校グラウンド
藤沢八部球場

俣野公園・横浜薬大スタジアム 等

 

【活動実績】

令和3年度 (2021年度)

○第103全国高等学校選手権大会 神奈川大会
2回戦
対 百合丘 3対0で本校の勝ち
3回戦
対 逗子 12対5で本校の勝ち
4回戦
対 三浦学苑 6対8で本校の負け
○神奈川県高校野球秋季県大会 ベスト16進出
湘南・西湘地区予選 2勝1敗により2位通過(県大会進出)
対 湘南学園 7対8で本校の負け
対 西湘 9対3で本校の勝ち
対 深沢 15対0で本校の勝ち
県大会2回戦  

対 大和西 11対4で本校の勝ち

3回戦

対 霧が丘 11対1で本校の勝ち

4回戦

対 横浜隼人 0対4で本校の負け

 

 

令和2年度(2020年度)

○秋季神奈川県大会 1回戦敗退
湘南地区予選 2勝1敗により2位通過(県大会進出)
対 茅ヶ崎西浜 3対10で本校の負け
対 藤沢工科 4対1で本校の勝ち
対 アレセイア湘南 7対1で本校の勝ち
県大会1回戦
対 伊志田 3対4で本校の負け

○神奈川県夏季独自大会2020(代替大会)

1回戦 

対 逗子 8対2で本校の勝ち

対 立花学園 1対11で本校の負け

平成31年度(令和元年度、2019年度)

○春季神奈川県大会  ベスト8進出
湘南地区予選 2勝1敗により1位通過(県大会進出)
対 茅ヶ崎北陵、7対4で本校の勝ち
対 慶應藤沢、5対7で本校の負け
対 鎌倉、17対2で本校の勝ち
県大会1回戦
対 茅ヶ崎西浜、5対3で本校の勝ち
県大会2回戦
対 白山、2対1で本校の勝ち
県大会3回戦
対 慶應、2対0で本校の勝ちけ
県大会4回戦
対麻溝台、5対4で本校の勝ち
県大会準々決勝
対 東海大相模、0対12で本校の負け
ベスト8に入ったため夏の選手権大会の第2シード獲得

 

 

平成30年度(2018年度)

○秋季神奈川県大会 1回戦敗退
湘南地区予選 2勝1敗により1位通過(県大会進出)
対 鎌倉、11対1で本校の勝ち
対 慶應藤沢、12対1で本校の勝ち
対 湘南工大付属、0対4で本校の負け
県大会1回戦
対 大和、3対4で本校の負け
 
○第100全国高等学校選手権大会南神奈川大会 ベスト16進出
県大会1回戦
対 秀英、11対0で本校の勝ち
県大会2回戦
対 横須賀、3対1で本校の勝ち
県大会3回戦
対 氷取沢(シード校)、9対8で本校の勝ちけ
県大会4回戦
対 横浜、10対2で本校の負け
 
○平成30年度春季神奈川県大会
湘南地区予選3勝0敗によりブロック1位 県大会進出
対湘南工科大附属、4対2で本校の勝ち
対藤沢工科、6対5で本校の勝ち
対大船、4対3で本校の勝ち
県大会2回戦
対横浜創学館、2対10で本校の負け
 

 

【ひとこと】
一昨年春、本校は神奈川県大会で、創部初のベスト8進出を果たした。本年は本校の最高成績であるベスト4以上の成績を残すという目標を設定した。逆境をもはねのける力強さと、目配り・気配りのできる人間性を持った選手たちが思考を研ぎ澄ます繊細な野球を武器に、目標に向かって走り続ける。
 

バッター

ピッチャー

第98大会の様子