柏陽高等学校ホーム > 進路 > 進路指導の方針

更新日:2019年4月2日

ここから本文です。

進路指導の方針

高い進路希望の実現に向けて

 本校入学生の多くが「国公立大学」へ「現役」での進学を目指しています。希望の実現には高校での「授業」を通して高い学力を身につけることが必要です。

 入学当初から「より高い希望」を持ち「高い希望を実現」するために、様々な進路行事を実施しています。各学年で実施する『学力診断テスト』や『模擬試験』により自己の実力を把握し、学習目標を設定します。また、『進路説明会』等を通し各学年や時期に応じた情報を提供しています。大学教授や卒業生を招いての『横浜国大in柏陽』『東京工業大学in柏陽』の校内ガイダンス、本校の卒業生による『大学分野別説明会』は進路を考える上で有意義です。また、『保護者進路説明会』を各学年で年2回程度実施し、保護者の方へも進路に関する情報を提供しています。

新しい大学入試に備えて

 平成30年度の入学生から新しい大学入試が始まります。現行の「大学入試センター試験」に代わり『大学入学共通テスト』がスタートし、マークシートに加えて国語・数学は記述式の問題が出題されるなど、各教科でも出題形式が変更されます。本校では出題傾向など踏まえ各教科で対応を進めています。

 また、英語では外部検定試験を活用した「読む」「聞く」「話す」「書く」の4技能を評価する入試に転換します。高校3年次4月から12月までの間に受験する2回の外部検定試験が大学入試に活用されます。これに対応して、本校では外部検定試験を各学年で校内実施しています。

 多面的評価の入試に伴い、調査書(いわゆる内申書)の書式が改訂され、あわせて生徒自身がポートフォリオ(高校での活動の実績や過程の記録の蓄積)を作成することも必須となります。高校3年間学びや活動の成果をデジタルデータとして記録し、大学がそれを入試の主体性等の評価に活用します。高校入学当初からの取り組みの記録が必要となることから、本校ではクラウドサービスを導入しました。スマートフォンやパソコンでアクセスすることにより日々の活動を記録するだけでなく、進路学習、教科活動に活用しています。