保土ケ谷高等学校 > 学校生活 > 部活動 > 陸上競技部 > 関東大会大健闘!関東選抜大会ダブル入賞!

更新日:2020年10月30日

ここから本文です。

関東大会大健闘!関東選抜大会ダブル入賞!

10月24日 関東選抜大会in群馬 正田醤油スタジアム

 保土ケ谷高校陸上競技部は、関東大会ダブル入賞。田邊、岩下選手ともに、それぞれシーズンベスト、自己ベストと大健闘の結果となりました。初めての関東大会ということで表情には緊張も見られましたが、田邊選手は先輩の意地を見せ、岩下選手は中盤で4位まであがる積極的なレースをしました。中学での実績がなくても、高校でやる気と努力次第で結果を残せることを証明してくれました。

2020年10月24日 主な結果

男子5000mW

 

 

 

田邊(2年生)

(名瀬中出身)

23分29秒42 PB

5位入賞

岩下(1年生)

(樽町中出身)

23分33秒55 PB

6位入賞

 

 新体制となり3年目にして初の関東大会入賞者も出すことができ、横浜市のリレーでも期待の持てるチームになってきました。

 10月に入り、多くの中学生や保護者のみなさまから、短距離や中距離、跳躍、投擲を中心に、県大会入賞者など、多くのお問い合わせもいただき、来年以降も期待がふくらみます。競技面、精神的面ともに、県立高校NO.1を目指して、これからも日々精進を続けていきたいと思います。

 練習見学等の希望がありましたら、陸上競技部顧問竹内までご連絡ください。(045-371-9085)

 

 1

 2

3

4

 

 岩下選手は関東で1年生最上位 

 関東大会でダブル入賞は保土ケ谷だけ!!  

 

 5

 7