更新日:2020年10月7日

ここから本文です。

校長より皆さんへ

校長挨拶

第18代校長 瀬高 真一郎(せたかしんいちろう)

せたか校長の写真

瀬高真一郎と申します。

私たち教職員は、数ある高校の中から市ケ尾高校を学びの場として選択してくれた生徒たちのために、「何ができるのか」を常に一生懸命に考え、真正面から向き合っていきたいと考えています。そしてまた、本校に大切なお子様を預けてくださった保護者の皆さまの、信頼とご期待に応えられるように、日々の教育活動や学校運営に誠実に取り組んでまいります。

私は、これらの姿勢こそが学校を支える「生命線」であると確信しています。これからも、全教職員でこの信念を共有して、生徒たちの自己実現を支援いたします。

さて、市ケ尾高校は昭和49年に創立されました。既に三つの時代にわたって地域の方々、保護者の皆さま、そして卒業生など、凡そ本校に関わる多くの方々からのご支援を得ながら教育活動を展開してきたことになります。

この間、本校は多くの有為な人材を世に輩出してきました。もちろん、これからも学校が目指す『自ら誇りをもって社会的な役割を果たし、豊かな人生を切り拓くことができる人材』の育成に努めるとともに、何より生徒一人ひとりが社会人として、職業人として、そして家庭人として心豊かに充実した人生を送るために、様々なことを身に付けてもらえるよう邁進したいと考えております。

どうぞ引き続きまして、市ケ尾高校をお支えいただきますようお願いいたします。 

校長より皆さんへ  

現在本校では、生徒の通学時の感染リスクを低減するため、朝の混雑する時間帯を避け、始業時刻を9時10分に繰り下げて、「時差通学」と組み合わせて「通常登校」を実施しているところです。
今後も、これを継続することといたします。

  • 始業時刻を9時10分とする「時差通学」を引き続き実施します。
  • 「時差通学」については、8月30日まで引き続き実施します。
  • その後については、8月下旬に県内の感染状況等を踏まえ県教育委員会が判断します。

なお、新型コロナウイルス感染症の感染状況等については、日々変化していることから、今後の県内の感染状況等によっては、県教育委員会の指示により変更を行う場合があります。その際は改めてご連絡いたします。

日常生活を営む上での基本的様式

  • まめに手洗い・手指消毒
  • 咳エチケットの徹底(マスク着用)
  • こまめに換気
  • 身体的距離の確保
  • 「3密」の回避(密集、密接、密閉)
  • 毎朝の体温測定、健康チェック

令和2年7月31日
校長瀬高真一郎

令和2年度、「校長よりのお知らせ」一覧ページへのリンクです。