生田高等学校ホーム > 学校概要 > 校長あいさつ

ここから本文です。

校長あいさつ

 

学び鍛え輝く

確かな学力と価値ある未来を生田から

 

校 長   額 田 豊 一

 

 生田高校のホームページをご覧いただきありがとうございます。

 

多摩丘陵に建つ伝統ある進学校

自由と規律~のびやかで規律正しい気風

 

生田は、昭和44年(1969年)に開校した伝統ある進学校です。多摩丘陵の一角に建つ学び舎は、4万平方メートルもの広大な校地を有し、緑豊かな自然環境に恵まれ、これまでに17,500名を超える有為な人材を社会に送りだしてきました。校歌にも歌われる創立時の「自由と規律」の精神は、「のびやかで規律正しい生田の気風」として現在の生徒たちの中にも脈々と受け継がれています。

 

文武両道を主体的に実践~生徒にもとめる成長のための三つの行動

 

生田は、学習だけでなく部活動や行事にも夢中で取り組む文武両道の学校です。高い目標を持っての大学進学を念頭に、「主体性」「確かな学力」「豊かな人間性と社会性」を身に付けさせることを目標にしています。

 

〇「文武両道を主体的に実践」

主体的に学び続けるともに、部活動や行事でも主体性をいかんなく発揮し、日々、「夢中」「集中」「熱中」の学校生活を送ります。

充実した生田での学校生活により、これからの時代を主体的に生き抜く力を身につけます。

 

〇「高い目標を持ち、レベルの高い努力をし続ける」

高い目標なくして、レベルの高い努力なし。

主体的に自学自習に取り組み、確かな学力を身につけます。

「何時間教わったか」ではなく「時間をかけて、いかに自分で学んだか」

自ら主体的に学習に取り組むことにより、確かな学力をつけ、価値ある未来を切り開きます。

 

〇「いのちを大切に」

自らのいのちを大切にするとともに他者のいのちも大切にする。

あたたかく互いに支えあう人間関係、人と人との確かなつながりによって、社会の中でよりよく生きる人間性、社会性をはぐくみます。

 

生田×ICT×BYOD=主体的に取り組む授業

 

生田は、平成28年度から「ICT利活用教育推進研究校」として、 ICTを積極的に利活用し、生徒が主体的に学習に取り組む授業の充実を図っています。さらに、平成30年度からBYOD(Bringyour own device:個人の情報端末等を授業や学習で活用)を導入し、校舎内どこでもつながるWi-Fi環境のもとでスマートフォンやタブレットを学習活動の中で積極的に活用しています。

 

入部率90%

 

生田は、部活動にも力を入れています。入部率は90%ほどで、ほとんどの生徒が何らかの部活動に所属しています。運動部、文化部ともに全国大会、関東大会への出場経験がある部が多数にのぼっています。勉強だけでなく、部活動にも主体的に取り組むことで生徒の力を大きく伸ばしているのも生田の大切な一面です。

 

自然科学に目を向けよう

 

 生田にはもう一つ大きな特色があります。それは充実した自然体験学習です。休日や夏季休業中に、海の生物観察会、ムササビ観察会、丹沢森林ボランティア、富士山自然学習会などを実施し、生徒の自然科学に対する知的好奇心を高めています。自然科学への取り組み、これも生田が大事にしていきたいものの一つです。

 

地域に支えられ50周年

 

  生田は、地域の皆様のご理解、ご支援をいただきながら、これまで50年の歴史を刻んできました。長沢自治会、商店会の協力により、地域音楽交流会「ながさわにこにこハーモニー」を開催し、地域との連携もますます深まっています。これからも、地域の方々、保護者、卒業生をはじめ多くの方々の期待に応えることができる学校として歩み続けてまいります。今後も生田へのより一層のご支援をよろしくお願いいたします。

 

(平成31年4月18日記載)