更新日:2022年4月4日

ここから本文です。

学校長挨拶

 

ようこそ、神奈川県立海洋科学高等学校ホームページへ


校長の 石垣 隆 です。

 

本校は、前身である三崎水産高等学校を単独改編し、平成20年に開校した神奈川県唯一の水産・海洋系の専門高校です。

昭和15年に三浦市三崎の地に開校した県立水産講習所からの歴史は、創立80年を超える伝統校です。

緑豊かな三浦半島の西側に位置し、長井海洋実習場からは相模灘や江ノ島、遠くには箱根の山々、富士山を望むことができます。

 

本校は、三崎水産高等学校の68年の伝統を受け継ぐとともに「海洋科学に関して幅広く学び、さらに高度な教育につなげる大学などへの進学を視野に入れ、スペシャリストの基礎や将来海洋関連産業で活躍できる人材の育成」という教育目標を掲げ、全国の水産・海洋系高等学校では初めてとなる単位制専門高校としてスタートを切りました。

平成20年の開校以来、国立、私立の水産・海洋系大学等への進学や水産・海洋関連産業界等への就職で顕著な実績をあげています。

令和4年度入学生からは、水産に関する4学科、船舶運航科、水産食品科、無線技術科、生物環境科を設置し、学年制の課程へと再度改編されます。

学科改編により、これまで培ってきた水産・海洋教育を継承・発展させるとともに、水産、海洋関連産業の担い手に求められる知識や技術、技能や資格を持った人材を育成し、専門性の深化を図ります。

 

「本校でしか経験出来ない学び」がここには有ります。

 

「海を知り 海を守り 海を拓く」の校訓をモットーに、海をフィールドとしたさまざまな体験学習などを通して、生徒たちの自立性、協調性、心豊かな人間性、望ましい社会性、健やかな体の育成に取り組んでいます。

 

これからも、地域産業界や地域社会に貢献する、魅力と活力のある学校づくりをますます推進して参りますので、皆様方のご支援、ご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

なお、実習風景や地域貢献活動、研究活動、部活動などの状況は、このホームページに随時掲載いたしますので、本校生徒の活躍を是非ご覧ください。