鎌倉高等学校 > 学校概要 > 校長より

更新日:2021年4月14日

ここから本文です。

校長より 

 神奈川県立鎌倉高等学校は、昭和3年(1928年)に創立された鎌倉実科学校から市立、県立の移管により幾度か校名を変え、現在まで90余年の歴史を持つ伝統のある県立高校です。6万平米を超す敷地面積に、教室棟、キャリアデザインセンタ-、特別教室棟、体育館、格技場、プール、テニスコート、多目的コート、ハンドボールコート、弓道場などの施設があり、眼前は湘南海岸、遠くには富士山を眺望することのできる素晴らしい環境に恵まれています。このような環境のなか、「実践性・自主性・協調性を養う」という教育目標の下に「文武両道」の校風を継承し、各界に有為な人材を輩出してきました。ほぼ全員が進学希望で進学に向けた内容の濃い、質の高い授業を行う方針で授業を展開しています。特に、探究活動「K-ARP」では、授業、総合的な探究の時間をとおして探求心、探究力が身につくよう指導しています。

本校は、次代の社会を担う人材を育成すべく、県教育委員会の県立高校指定事業としては、平成30年には学力向上進学重点校エントリー校に、さらに令和元年度には理数教育推進校にも指定されました。また、以前より国際理解教育に力を入れオーストラリア、カナダなどの高校と相互訪問や交流を行っています。

今後、創立100年に向けて更なる発展をなし、未来を担うサイエンティフィックグローバルリーダーを育成し、国際社会で活躍できる人材を輩出していきます。是非、皆さんも鎌倉高校の門をくぐって一緒に学び、未来の社会を創造してください。

神奈川県立鎌倉高等学校校長 田中顯治校長 田中 顯治