鎌倉養護学校ホーム > 学校概要 > 令和元年度不祥事ゼロプログラム

更新日:2019年7月10日

ここから本文です。

令和元年度不祥事ゼロプログラム

実施責任者及び体系

  • 校長は、プログラム実施責任者として全体の指揮にあたる。
  • 副校長、教頭、事務長は、校長を補佐し、不祥事防止会議等の指揮にあたる。
  • 総括教諭、グループリーダーは、校長等を補佐補助し、不祥事防止会議でプログラムの策定や検証をする。
  • 全職員が、プログラム策定、実行、検証の主体となり、情報共有をし、日常的な不祥事防止に努める。
  • 研修会等の活用により、全校的取り組みとして活動を活性化させる。

目標及び行動計画

1 体罰、不適切な指導の防止

担当

  • 教務グループ総括教諭 高等部B部門(本校)教諭

目標

  • 人権尊重の意識を高め、体罰、行き過ぎた指導を未然に防ぐ。

行動計画

実施時期及び期日
  • 7月、2月
内容
  • 「体罰、不適切な指導の防止」のアンケート・ワークショップの実施
  • 実施方法及び検証方法
  • アンケートに基づいてワークショップを行い、各学年で「体罰、不適切な指導の防止」についての話し合いを行い、その結果を集約し共通理解を図る。

 

2 公務外非行の防止(法令遵守意識の向上)

担当

  • 支援グループ総括教諭 小学部教諭

目標

  • 常に公務員としての自覚を持ち、法令遵守に努める。

行動計画

実施時期および期日
  • 9月、1月 
内容
  • 教育公務員としての自覚や心構え、服務について理解する
  • 実施方法及び検証方法
  • 初任研、15年研で受けた研修内容について学部で報告しあい、共通理解をもつ。初任者と
  • 15年経験者とでペアを組み、どのように報告にするかを検討する。

 

3 わいせつ・セクハラ行為の防止

担当

  • 総務グループ総括教諭 高等部A部門教諭

目標

  • 相手の感じ方を尊重し、人権を尊重した態度を守る。

行動計画

実施時期及び期日
  • 7月、10月、3月
内容
  • 意識調査アンケート実施、結果報告と啓発資料配布
  • 実施方法及び検証方法
  • 7月 わいせつ・セクハラ行為に関する意識調査アンケート(1)
  • 10月 調査アンケート結果を発表するとともに、啓発資料配布
  • わいせつ・セクハラ行為に関する意識調査アンケート(2)
  • 3月 調査アンケート結果及び啓発に関する発表

 

4 業務執行体制(情報共有、相互チェック体制、業務協力体制)

担当

  • 管理職 学部外職員

目標

  • 互いに協力する意識を高めるとともに、協働する職場環境を醸成する。

行動計画

実施時期及び期日
  • 8月、12月
内容
  • 業務の効率化に向けた協力体制の確認
  • 情報共有,相互チェック体制の再確認と意識啓発。
  • 実施方法及び検証方法
  • 県発信の啓発資料を利用し、ヒヤリハット事例、事故事例などを確認して意識の啓発を行う。
  • アンケート等で実態把握を行い、情報共有、相互チェック体制が実行されているかの再確認と体制の再確認を行う。

 

5 調査書・通知表等の作成、文書管理に係る事故防止

担当

  • 指導グループ総括教諭 中学部教諭

目標

  • 個人情報等に関する文書管理において、組織として事故防止に継続して取り組む。

行動計画

実施時期及び期日
  • 7月、1月
内容
  • 文書管理にかかわるヒヤリハット事例をもとに対応策を協議し、事故防止への意識を高める。
  • 実施方法及び検証方法
  • これまでのヒヤリハット事例を振り返り、起こさないための対応策を学部会や係会等で検討する。
  • 各部署から検討された対応策を共有する。

 

6 パワーハラスメントの防止と風通しの良い職場環境の確立

担当

  • 高等部B部門(分教室)総括教諭、教諭

目標

  • 職務に専念でき、働きやすい職場環境の確立に取り組む。

行動計画

実施時期及び期日
  • 前期:アンケートと改善策検討
  • 後期:改善策の実施と効果の検証および全体発表
内容
  • 働きやすい職場づくりについて検討し、改善策を実施する。
  • ケーススタディとして分教室で取り組み、それを基に学校全体の職場環境づくりにつなげる。
  • 実施方法及び検証方法
  • 職員に対して働きやすい職場環境づくりのアンケート実施。
  • アンケートより課題を抽出し、改善策を導き出す。
  • 改善策を実施する。
  • 実施した結果、職場環境の変化について、意見交換を行い、実施策の効果や働きやすい職場環境づくりができたかを検証する。