釜利谷高等学校 > 学校概要 > 釜利谷高等学校環境方針

更新日:2020年2月7日

ここから本文です。

釜利谷高等学校環境方針

本校は、県環境方針に基づき、全校的な取り組みによって環境負荷を低減する活動を展開するとともに、人と環境に優しいものづくり・町づくりの見識を持ち、個性溢れる豊かな人材の育成を推進する。

 

活動の基本方針

1 環境意識を向上させるための活動

(1)ごみの分別・削減・リサイクルの方法を工夫し推進する活動

(2)電気などエネルギー使用量の実情を把握し削減する活動

(3)水の使用量の実情を把握し削減する活動

2 環境教育を積極的に展開する活動

各教科・特別活動・各グループで環境問題を意識的に取り扱うとともに講演会などの啓発学習を展開する。

3 環境教育システムを構築するための活動

新教育課程の構築と平行して個性溢れる豊な人材の育成の教育システム・教育プログラムを構築する。

4 評価と持続的な改善をする活動

環境方針に基づき、全校的な実施・運用を適宜点検・評価(内部評価)し、持続的な発展が可能になるように活動する。

校舎(環境)