ここから本文です。

学校行事

令和元年度

「始業式」

2020年1月7日火曜日、3学期始業式が行われました。校長先生からは、この3学期は次の学年、ステージに向けて目標を持って取り組んでほしい、上溝南にはこれからの時代に必要とされる力を持っている人がたくさんいる、ただ足りないことは自分からチャレンジすること、自分自身で課題を見つける力である、失敗を恐れずに一人ひとりがチャレンジしていこうというお話がありました。キャリア支援グループからは、学校の中だけなく外に目を向けて、自身の進路となるものを見つけていってほしい、一般受験の人たちはいよいよ試験が開始されますが、うまくいかないことがあると思います、思いつめずに友人や家族や学校を利用してくださいという励ましがありました。最後に、卒業式に向けて、校歌斉唱がありました。

 20203学期始業式

「終業式」

12月24日終業式が行われました。校長先生からは、令和元年を振り返るとともに、国連サミットにおけるSDGs(持続可能な開発目標)の第1目標が貧困をなくすことであることを紹介し、その解決策の中でハラスメントの問題にも触れられ、情報に振り回されることなく、自分で考え判断し行動できるようになってほしいと述べられました。学校生活支援グループからは、交通事故が発生する9割は交差点で起きることから、一時停止をしっかりして安全確認を行ってほしい、そのためにも時間に余裕をもって登校してほしいと呼びかけられました。学務情報グループからは、通知表を見る際に、授業や定期試験への取り組みの振り返りのみならず、自分自身の目標に照らして見て志を高く持ってほしいと述べられました。校歌斉唱に続く表彰式では、ギターアンサンブル、吹奏楽、ハンドボール、ソフトボール、卓球、水泳、陸上、バドミントン、硬式テニスと非常に多くの部活が表彰を受けました。

20192学期終業式

「上南祭文化部門(文化祭)」

9月7日・8日に上南祭文化部門(文化祭)が行われました。今年のテーマは「上南フューチャークリエイター~時をかけるパンダ~」でした。クラスの出し物はそれぞれのクラスが一致団結し、思考を凝らしたものとなり大変賑わいました。例年行われている水泳部によるシンクロ、ギターアンサンブル部・合唱部・吹奏楽部の体育館発表も大盛況となりました。この二日間のために入念な準備を行ってきた文化祭実行委員が当日も中心となり、大きな混乱もなく無事二日間を終えることができました。今年も生徒が主体となり様々なチャレンジを行い、文化祭のテーマ通りの未来を切り拓いていく力が醸成されたように感じられました。