神奈川工業高等学校_全日制ホーム > 特色 > 神奈川工業高等学校×SDGs

更新日:2020年6月25日

ここから本文です。

県立神奈川工業高等学校×Society5.0 for SDGs

SDGs_logo

神奈川工業高等学校は日々の教育活動を通し、関連企業・大学・地域と共に持続可能な開発目標(SDGs)を推進しています。またSDGsへの取組みを通し、Society5.0人材に必要な創造性と専門スキルを兼ね備えた実践力とリーダーシップを育み、将来の国際社会で活躍するスペシャリストを育成します。

 sdg_icon_all

持続可能な開発目標SDGsエス・ディー・ジーズとは

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。 SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

sdg_gaimusyou_logo[ 外務省 ]

このプラットフォームは,社会に広がるSDGsに関連した取組を幅広く紹介することを目的に運営しています。

 

Society5.0とは

Society 5.0で実現する社会は、IoT(Internet of Things)で全ての人とモノがつながり、様々な知識や情報が共有され、今までにない新たな価値を生み出すことで、これらの課題や困難を克服します。また、人工知能(AI)により、必要な情報が必要な時に提供されるようになり、ロボットや自動走行車などの技術で、少子高齢化、地方の過疎化、貧富の格差などの課題が克服されます。社会の変革(イノベーション)を通じて、これまでの閉塞感を打破し、希望の持てる社会、世代を超えて互いに尊重し合あえる社会、一人一人が快適で活躍できる社会となります。society5.0no

 [ 内閣府  Society5.0 ]

 

 神奈川工業高等学校のSDGsに関連する取り組みの紹介

kanakou_SDGs