ここから本文です。

機械科 - Machinery -

機械に関する基礎・基本を確実に学び、新しい産業構造に対応できる創造性豊かな能力と確かな技術力を養います。 特にメカトロニクス技術、情報処理技術、コンピュータ制御等の実験や実習を積極的に取り入れ、実践的な技術者の育成を目的としています。

3年生の実習は、選択制とし、個々の生徒の特性や進路にあった実習を行っています。また、課題研究授業においては、 1・2年生で学んだ事柄を基に各自の興味・関心にもとづく研究テーマを設定し、問題解決に向けてグループ活動を行い、 学年末にその取り組み状況・研究成果を発表しています。 さらに、ものづくり競技会への参加や支援、資格・検定取得にも積極的に取り組んでいます。

カリキュラム(教育課程)

3年生 平成28年度入学生 平成28年度機械科教育課程表(PDF:129KB)
2年生 平成29年度入学生 平成29年度機械科教育課程表(PDF:129KB)
1年生 平成30年度入学生 平成30年度機械科教育課程表(PDF:129KB)

 

平成30年度4月13日現在

資格・コンクール

 

進路

 

機械科の紹介

実習では
6S(整理・整頓・清掃・清潔・躾・習慣)を意識し、安全最優先に行っています。

実習整列

実習整列

実習前に整列し、点呼及び体操を行います

ガス溶接・アーク溶接

ガス溶接ガス溶接1

スポット溶接スポット溶接01
ガス溶接・アーク溶接・スポット溶接といった種類の溶接を学んでいます。

旋盤

旋盤旋盤01

旋盤とは回転する素材に刃物を当て,その刃物を送りながら材料を削る(切削という)加工 (旋削加工)を行うための工作機械であり、金属を切削します。旋盤の操作方法や切削方法(外丸削り・ねじ切り・テーパ切削等)を学びます。

フライス盤

フライス盤01フライス盤02

 フライス盤とは、刃物を回転させ工作物に送りをかけて、その表面等を加工する工作機械で、その操作方法や測定器具での正しい測定を学んだ後、段付け溝加工を課題として加工手順と0.05mmの寸法公差を考えながら切削加工を学びます。

 

機械製図

機械製図01機械製図

機械およびその部品の構造・形状・寸法などを示した図面を描きます。1年~3年まで授業を行い、基礎製図検定・機械製図検定を受検します。

プログラミング(C言語)

プログラミング01プログラミング02

プログラミング言語はC言語を使い、基本的なプログラミングを学び、ロボットなどの制御技術も学習します。

電気実習

電気実習01電気実習02

電子部品の役割を学びながらLED基盤を製作します。プログラミングと制御を学びます。

マシニングセンタ

マシニングセンタマシニングセンタ02

MCと略称され、多種類の加工を施す数値制御工作機械です。課題作品の製作を題材にプログラミング
等について学びます。

CAD

CAD01CAD02CAD03

各企業で活用されている3次元CAD(ソフトCATIA V5)を使用し、3次元設計製図を学びます。

シーケンス制御

シーケンス制御

シーケンス制御は順序に従って、操作を進める制御で、自動販売機や信号機等多くの機械に使われています。その基礎を学び、シーケンス制御回路の配線等を学びます。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。