更新日:2020年5月19日

ここから本文です。

かなざ輪だより

相談だよりNO2

「音楽のチカラ」

昔に聞いていた曲を聞くと、その時の記憶が思い出され、まるで過去にもどるタイムマシンのような力が音楽にはありますね。

なぜ音楽は心の深い部分に響くのでしょうか?

それは、多くの人は、音楽を本能脳で聞いていて、本能脳は、悲しい、うれしい、イライラなど、人間の本音や欲求をつかさどる脳と言われているからです。

アメリカの精神科医だった、アルトシューラー博士の提唱した「同質の原理」では、悲しい時には「元気な音楽」ではなく、自分の気持ちを代弁してくれるような「悲しい音楽」を聞いたほうが、実は癒されるといいます。

みなさんはいかがでしょうか?

自然界に存在する音。川の流れ。波、風の音。は1/fゆらぎという特性をもち、人は心地よく感じます。

扇風機にこの機能が付いていますよね。

私も、朝窓を開けたときに、鳥のさえずりを聞いたり、風を肌に感じたりすると、自然に癒されていたのだと実感させられました。

今のこのコロナの状況でなければ、気づかなかった感覚でした。

そして疲れたときは無理せずに「音楽のチカラ」を借りて癒されてくださいね。

音楽を奏でる小人

 令和2年5月  教育相談コーディネーター 手塚嘉美(^^♪

相談だよりNO1

新緑と春の花々のコントラストは街に映え、私たちの心をほっとなごませてくれているようです。(^^)ツツジの花

今年度の教育相談は、手塚と吉川で担当します。

一年間どうぞよろしくお願いいたします。

そして、これからの相談業務の中で、私たちが感じたこと、見てきたこと、研修会で教えていただいたことなどを、この「相談だより」で皆様へお伝えしていきたいと思います。ご一読いただけると幸いです。

昨年度、メンタルケア協議会 西村由紀氏の講演会があり、「対応が困難な相談ケースへの対応」についての話を聴きました。西村氏は長い相談歴のある相談員でも、「常に初心者であれ」ということを大事にしているそうです。

それは今までのケース事例が、そのまま当てはまることはないのだということでした。「いつも、白紙で相手のお話を聴きます。それが基本です。」と語られていました。

そして、一人で支えようと頑張るのではなく、その人を支える、たくさんの人の輪を作り、自分も「その一人」という気持ちで頑張っています。と語られていました。

コロナの影響で閉塞感のある中ですが、みんなで助け合うこと、その輪の中にいる一人である。そう思えたとき、連帯感と少し勇気がわきました。

 

<てづかのつぶやき>

 

曇り空の上は、いつも青空

文責 手塚嘉美(^^♪ 令和2年5月

5月 支援だより

支援だより1号(PDF:209KB)

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。