光陵高等学校ホーム > 学校概要 > 光陵高校について

更新日:2020年7月16日

ここから本文です。

光陵高校について

基本情報 

校舎画像

名称:神奈川県立光陵高等学校

位置:神奈川県横浜市保土ケ谷区権太坂一丁目7番1号

設立年月日 :昭和41年1月

創立記念日 :4月20日

課程および学科等:男女共学、全日制課程、学年制、普通科、2学期制

 

校章

 光陵高校の校章

 

 

 

 

 

 

校歌 歌詞(別ウィンドウで開きます)

 

交通アクセス 光陵高校へのアクセス(別ウィンドウで開きます)

 

  光陵高校は旧東海道の最初の難所として知られていた権太坂にあります。周辺は閑静な住宅地域で、近隣には小・中学校や特別支援学校があり交流も盛んです。
  本校は「学力向上進学重点校エントリー校」として、さらに「教育課程研究開発校(新たな学習評価に係る研究)」として県の指定を受けており、生徒は伸びやかで明るい雰囲気の中、意欲的に学習に取り組んでいます。部活動や学校行事も大変盛んで、生徒それぞれが上手に部活動と学習を両立させている点が、光陵高校のすばらしい特徴であり、先輩から後輩に受け継がれた伝統となっています。また「連携型中高一貫教育校」として横浜国立大学教育学部附属横浜中学校および横浜国立大学との連携を通じて、これからの社会をよりよく生きるための幅広い能力を育成する多様な教育活動を展開しています。

 

学校の沿革

 本校は、将来は横浜国立大学教育学部附属高等学校にするという意図のもとに、神奈川県立横浜立野高等学校山手分校として発足しました。その後、国立大学附属高校としてではなく、県立光陵高等学校として独立し、現在に至っています。昭和41年(1966)創立。横浜の中心部にあり、国道1号線と東海道線にはさまれた交通要所にありながら、周辺は閑静な住宅地で、小中学校や養護学校も並ぶ、学習に適した環境に恵まれています。

 

教育方針

・ゆたかな教養と徳性の涵養につとめ、心身ともにねばり強い青年を育成する。
・基礎学力を充実するとともに、生徒一人ひとりの可能性を最大限にのばすよう努力する。
・自主的にして積極的な学習態度を養う。
・誠実にして責任を重んじ、心ゆたかな人格を育成する。
・健康と安全の教育の徹底を期する。

学校教育計画

1.神奈川県立光陵高等学校グランドデザイン

  (別ウィンドウで開きます)

2.教育課程研究開発学校(新たな学習評価)としての研究成果物

3.学校目標、学校評価

4.学校運営協議会(コミュニテイ・スクール)

    保護者の方や地域の方などが学校運営に参画できる仕組みです。

不祥事ゼロプログラム

 

 

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。