ここから本文です。

高校1日体験

工業高校で何を学ぶのか ー目的ー

  • 本校での「ものづくり体験」を通して工業高校の特色や教育内容を中学生に直接体験してもらい、進路や専門科目に対する理解と意欲を高めるとともに、工業教育の活性化を図ります。
  • 本校生徒が中心となり中学生を指導することで日ごろの実験・実習で得た知識や技術の定着を図ります。また、コミュニケーション能力の育成や社会性を育む機会とします。

要項

要目 記事
実施年月日 令和元年9月21日(土曜日)9時30分 ~ 12時00分
参加人数 各科の内容に記載 ※8月20日現在
実施内容 機械科
 •旋盤 ペン立て作り 募集人数6名 ※定員になりました
 •溶接 募集人数6名 ※定員になりました
 •レーザー加工アクセサリー作り 募集人数6名※定員になりました
 •フライス盤 ぶんちん作り 募集人数6名 ※定員になりました
 •プログラミング制御 募集人数6名 ※定員になりました

◇時 程◇
 1.受  付: 9時30分~9時45分

 2.開 校 式: 9時45分~10時00分 1F ホールで説明

 3.体験教室:10時00分~12時00分
 ・各班に分かれて体験。

 4.終了予定:12時00分
 ・各班で解散(アンケート記入)

 ◇当日の持ち物◇

 ・タオル、水筒など(水分補給)
 ・はがき、汚れても良い服装
 ・保険料(一人当たり50円かかります。)
 ※保護者の方は保険料はかかりません。
           

電気科
 •レゴマインドストーム 募集人数10名 ※定員になりました
 •テーブルタップ 募集人数10名
 •ロボット工作 募集人数10名 ※定員になりました
建設科
 •測 量 募集人数20名
 •住宅模型 募集人数20名
申し込み方法

 申し込み方法:往復ハガキ
 申し込み期間:7月8日(月曜日)~8月30日(金曜日) ※7月8日(月曜日)より申し込みを受け付けます。
 ☆往復ハガキの書き方(PDF:113KB)

※9月上旬に決定した体験などについてを記載した往復ハガキを返信します。

 申し込み後、特にこちらからご連絡がない限り、高校体験には参加可能です。

 

高校1日体験の実施報告(H30)

  • 平成30年 11月17日(土曜日)、本校に於いて「高校1日体験」が実施されました。当日は中学生81名と保護者が参加し、機械・電気・建設の3科、11ショップに分かれて工業高校の実習授業を体験しました。また、保護者の方々は教育方針・学習活動・入試状況等の説明会があり、その後体験の様子を見学しました。

 高校1日体験機械科 高校1日体験電気科 高校1日建設科

         機械科                  電気科                   建設科

各科体験実習の様子

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。