更新日:2019年4月4日

ここから本文です。

校章・校歌

校章の由来

校章
私たちの学校は、昭和49年に通称「井田山」と呼ばれる台地に建てられました。縄文時代から歴史時代までの数多くの住居跡と遺物が発掘された「神庭遺跡」の跡だそうです。
本校の校章は、校名の頭文字の「中」を図案化して、児童生徒の自立しようとする姿勢を表しています。「丈夫に生きようたのしもう」「豊かに生きようほほえもう」「仲良く生きよう働こう」という三つの教育目標を、もろ手をさしのべて立ち上がる子どもたちの姿に表しています。校章の輪郭の中は、本校のスクールカラーである明るい緑が使われています。

 

神奈川県立中原養護学校校歌

 

金子奈美江作詞
小島喜一補作
鈴木直吉作曲

1、光がいっぱい井田の丘
遺跡の祖先なつかしく
元気にはしる車いす車いす
じょうぶに生きようがんばろう
われらの母校中原養護

2、みどりの芝生ひろい窓
きれいな目をして手をのばし
こころ明るく歌う声歌う声
ゆたかに生きようほおえもう
われらの母校中原養護

3、遠くの富士の青い空
あすの希望に胸をはり
やりぬく力いつまでもいつまでも
なかよく生きようはたらこう
われらの母校中原養護