中原養護学校 > 学校生活 > はにっぴー食べ物教室

更新日:2022年1月31日

ここから本文です。

はにっぴー食べ物教室

2月1日火曜日【第3回はにっぴー食べ物教室】

今回のはにっぴー食べ物教室では、給食を作る時に良く使う道具3つを紹介していきたいと思います。

調理員さんが普段から良く使っている道具を是非ご覧下さい。

よく使う道具

写真左から・「スパテラ」・「ざる」・「圧力鍋」

 

「スパテラ」

給食で使っているスパテラはなんと130cmあります。この大きなスパテラを使って食材をかき混ぜたりしています。調理時耐熱は130°cまで耐えられます。

 

「ざる」

給食で使っているざるは家庭用よりも大きく、直径が60cm程あります。

大量の具材を入れたりと使い方は様々で、毎日大活躍しています。

 

「圧力鍋」

給食で使っている圧力鍋も家庭用より少し大きく、具材を10リットル入れることができ、1回に40人分のおかずを作ることができます。

 

以上3つが普段から調理員さんが良く使っている道具紹介でした。

最後まで見て頂きありがとうございました。

1月11日火曜日【第2回はにっぴー食べ物教室】

前回のはにっぴー食べ物教室では、給食(常食)の調理風景を紹介しました。

今回は配慮食の調理過程を紹介したいと思います。

配慮食ができるまでの様子を是非ご覧下さい。

 

9時00分

配慮食の野菜は柔らかい所を選んで小さく切ります。

人参カット

 

10時00分

圧力鍋で食材を柔らかくします。

圧力

 

10時00分から10時30分

お肉はミキサーにかけてから蒸して、ムース状にし、野菜と肉ムースでおかずを作ります。

ムース

 

10時00分から10時45分

おかゆはガス炊飯器で炊きます。パンは豆乳に浸して鍋で作ります。

炊飯器

おかゆ

パン浸し

 

パンの初期食です。

パン初期

パンの中期食です。

パン中期

 

11時30分ワゴンに給食を乗せて、各学部に運びます。

ワゴン

 

初期食

初期食

 

中期食

中期食

 

後期食

後期食

 

皆さん美味しい配慮食ができるまでの過程を知れましたね。

次回のはにっぴー食べ物教室もお楽しみ下さい。

12月10日金曜日【第1回はにっぴー食べ物教室】

皆が普段美味しく食べている給食の調理風景を紹介します。

給食が出来るまでの様子を是非ご覧下さい♪

今回は唐揚げと野菜ソテーの調理過程を紹介します。

 

 

8時00分

野菜の下処理が始まります。

野菜の下処理

 

8時30分

3槽シンクで野菜を洗います。

シンク3

 

9時00分

野菜を切ります。

切

 

 

10時00分

野菜を炒めます。

野菜の炒め

 

10時00分

揚げ物の準備をします。

準備

 

10時15分

揚げ物をフライヤーで揚げます。

揚げ物揚げる

 

11時30分

ワゴンに給食を乗せて、各学部に運びます。

ワゴン

 

皆さん美味しい給食ができるまでの過程を知れましたね。次回は配慮食ができるまでの調理風景をご紹介致します。