小田原高等学校 全日制 > 「通常登校」の継続について(R2.8.28)

更新日:2020年8月28日

ここから本文です。

「通常登校」の継続について(お知らせ)

R2.8.28(金)

保護者の皆様

校長 林 忠 

「通常登校」の継続について(お知らせ)

 毎日厳しい暑さが続きますが、保護者の皆様方におかれましては、お変わりなくお過ごしのことと存じ上げます。また、日頃より本校の教育活動にご理解・ご協力を賜り、深く御礼申し上げます。
さて、昨日の朝刊等で既にご承知の方も多いことと存じますが、県教育委員会は、この3ヶ月間、学校再開を段階的に拡充してきました。そうした中では、一律にルールを定める場面もありましたが、今般、授業開始時刻を校長裁量で決定するよう、教育長より通知がありました。
県西地区の公共交通機関の混雑状況や登校時間帯の通学環境、あるいは、放課後の時間確保、全日制と定時制の共用スペースの入替タイミングなど、様々な視点から検討した結果、本校としては「通常登校」で「通常授業」と決定しました。
もっとも、この取り扱いについては、試行的に今週すでに実施しているところですが、特に大きなトラブルも無いことから、現時点ではこの方針を維持して参ります。

 学校再開から時間が経過しますと、いろいろなことについて次第に緩みがちとなりやすいものです。「with コロナ」というフレーズも少しばかり色あせてきまして、ややもすると検温の習慣が無くなっていたり、うがい・手洗い・咳エチケット(マスクの着用など)の励行意識、換気に対する気配りも弱くなっている場面を目にすることもあります。
県内における児童・生徒や教職員の感染情報は、毎日のように飛び交っています。今一度、気を引き締め、基礎・基本に戻って学校教育活動を推進させていきたいと考えておりますので、ご家庭でのご指導をよろしくお願いいたします。

 なお、新型コロナウイルス感染症の感染状況等については、日々変化していることから、今後の県内の感染状況等を慎重に見極めた上で、対応について変更を行う場合もあります。その際は改めてご連絡いたします。

問合せ先

副校長 市川

TEL 0465(23)1202