更新日:2020年2月10日

ここから本文です。

2月72号

小田急バレーボール教室

12月3日(火曜日)に高等部1年生対象で小田急ソフトバレーボール教室を実施しました。丸山由美氏(旧姓江上、ロサンゼルスオリンピック銅メダリスト)をはじめ、「小田急バレーボールクリニック」の講師の方々にパスやアタックなどの技術を丁寧に教えていただきました。講師の方々との試合では、激しいラリーの応戦で熱戦が繰り広げられました。生徒からは「来年もまた試合がしたい!」という声が多く聞こえてきました。

フットサル教室

光明学園相模原高等学校との交流行事「フットサル教室」が、12月16日(月曜日)に行われました。会場は光明学園のグラウンドでした。当日は、高等部2年生の生徒が参加し、ボール慣らしのトレーニングやドリブル、シュート練習等を2つのグループに分かれて行いました。最後は2校混合チームでの交流試合に挑戦!!味方にパスをしたり、積極的にゴールに向かってシュートを放ったりと、生き生きとした生徒の姿を見ることができました。

分教室より 大学との交流・共同学習

多摩美術大学の『五感を刺激するワークショップ』という授業を選択する学生さんとの交流がありました。1回目は学生さんに分教室を見学してもらい、2回目で1年生の授業を一緒に行うとともにアドバイスを受けて、3回目の交流で大学のワークショップに参加しました。大学で行われるワークショップでは思いがけない製作に触れることができました。また、大学の食堂でのランチも楽しみました。桜美林大学とは全学年が合唱を通した交流を行っています。声楽・オペラの研究室の学生さんが初回に聴かせてくれた発表は、少人数とは思えない声の響きと美しいメロディーで、生徒も教員もみんな感動していました。学期に1回の機会に学生さんからアドバイスを受け、生徒たちの歌声や姿勢は大きく変化しました。学生さんから「良いよ!」という言葉をもらい、普段以上に喜ぶ様子が見られました。