更新日:2019年8月30日

ここから本文です。

9月67号

地域交流デー

8月3日(土曜日)に、麻溝公民館をお借りして、地域交流デーを開催しました。猛暑の中、約300人の方にご来場いただき、館内は終始賑わいを見せていました。地域交流デーには、ボールプール・ボッチャ・わなげの体験コーナーや、工作コーナー、福祉事業所の製品販売、軽食販売、PTAバザー等、さまざまなブースが設けられており、地域のボランティアの方々にも一緒に各ブースを盛り上げていただきました。改めて地域の方に支えられていることを実感した1日となりました。ご協力いただいた近隣の学校、福祉事業所、ボランティアセンターのみなさま、誠にありがとうございました。

地域交流デー 看板 地域交流デー 販売品 地域交流デー ゲームコーナー

政治参加教育 高等部(本校・分教室)

高等部では、参議院議員選挙前の1学期末に「模擬投票」を実施しました。本校は美術室を会場に、分教室は橋本高校内の会場で行いました。選挙管理委員会からお借りした本物の投票箱や記載台が並び、立会人もいる臨場感あふれる環境に、生徒達も緊張気味。「書いたら二つに折るんだよね」「政党名は…」わからないと手を挙げて投票補助者を自主的に呼ぶ姿も見られました。

「自分の意思で選ぶ」体験を通して、選挙に関心を持ち、素敵な社会人にまた一歩近づけたのではないかと思います。

 

麻溝小との交流 小学部

小学部では毎年、麻溝小の4年生との交流を行っています。1回目は、相模原養護学校について知ってもらうために、授業や教材などを見学したり、説明を聞いたり、質問をしたりしてもらいました。その後、2回目からは簡単なゲームやボッチャをしながら交流を深めました。(ボッチャは子どもから高齢者まで、障害の有無に関わらずハンディなしで楽しめるパラスポーツです。)2学期もまた楽しみながら、互いを認め合う交流ができることを楽しみにしています。

ボッチャ