相模原中央支援学校 > 部門・学部 > 肢体不自由教育部門

ここから本文です。

肢体不自由教育部門

小学部

 学部目標

  • 安定した生活リズムの中で、基本的生活習慣の基盤をつくる。
  • コミュニケーションの手段を身につけ、人と関わる力をつける。
  • 興味・関心を広げ、さまざまな活動に意欲的に取り組む。

教育部門目標

  • 生活リズムを整え、心身ともに安定して過ごせるようになる。
  • 人との関わりを通して、自分の気持ちを表現する方法を知り、身近な人との関わりを楽しむ。
  • いろいろな学習や体験を通して興味関心を広げ、意欲的に取り組む。

日課表〔例:3年生〕(PDF:239KB)

日課表〔例:6年生〕(PDF:240KB)

中学部

学部目標

  • 日常生活に必要な基本的生活習慣を身につけ、その力を学校生活の中で発揮できるようになる。
  • コミュニケーション手段を確立し、身の回りの人との関わりを豊かにする。
  • 決められた役割や活動に積極的に取り組む。

教育部門目標

  • 学校生活で基本的な生活習慣のリズムを身につけ、健康の保持・増進を図る。
  • 意思や感情を豊かに表現し、担任だけではなく他学年、他部門、他学部の教員や友だちと関われるようにする。
  • 体験的な学習や作業的な学習を通して興味・関心を広げ、進んで活動に取り組む。

日課表〔例:3年生〕(PDF:240KB)

日課表〔例:3年生〕(PDF:239KB)

高等部

学部目標

  • 校内外でのさまざまな活動を通して、誰とでもコミュニケーションがとれる力を身につける。
  • 豊かな社会生活を実現するために必要な基本的生活習慣を身につける。
  • 社会とつながりながら、働くために必要な知識・技能・態度を身につける。

教育部門目標

 自立活動を中心とする課程

  • 自立活動を主として編成している。
  • 生活リズムを整え、健康を維持・増進させる。
  • 感覚に働きかける学習を通して、豊かな表出を育て、友達や周囲の人と楽しく過ごせる力を伸ばす。
  • さまざまな感覚や身体への働きかけの学習を通して、自分に関わっている人や、働きかけられているものに意識を向けたり応えたりする。

日課表〔例〕(PDF:244KB)

教科中心とした学習をする課程

  • 知的障害教育で示される各教科を中心として編成している。
  • さまざまな学習を通して、社会生活に必要とされる読み書き等の基礎学力を学習する。
  • 特別支援学校用教科書を使用して学習する。
  • 基本的な生活技能の向上を図り、体験的な学習や作業的な活動を通して集団参加・社会参加できる力を育てる。
  • 日常生活で必要な言葉や数の概念、コミュニケーションの力を育てる。
  • 必要なことを相手にわかりやすく伝える等、円滑にコミュニケーションがとれるようになる。

日課表〔例〕(PDF:246KB)

高等学校の教科書を使用して学習する課程

  • 高等学校に準じて編成している。
  • 教科学習を中心に自ら学び続ける意欲、一般社会で必要な事柄、考え方を身につける。
  • 学校設定科目「産業社会と人間」を履修し社会生活や職業生活に必要な本的な能力や態度、望ましい勤労観、職業観を育てる。
  • 高等学校の検定教科書を使用して学習し、定期考査等の資料により単位認定を行う。

日課表〔例〕(PDF:244KB)

訪問

学部目標

  • 各学部の目標を基本とする。
  • より一人ひとりに合わせ、表現する力や身近な人と関わる力を育てる。
 

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。