更新日:2020年4月10日

ここから本文です。

健康観察のお願い

 新型コロナウイルス感染症流行予防のための臨時休業中、お子様の外出は控えてください。

また、お子様の健康観察、健康管理について、ご家庭におかれましても、次の点にご協力をお願いいたします。

1 毎日、熱を測り、発熱(37.5℃以上)、咳などがないことを確認してください。

 (別に配付した健康観察票をご利用ください。)

 

2 発熱(37.5℃以上)、咳などの体調不良のときは、「帰国者・接触者相談センター」に

相談のうえ、医療機関を受診してください。基礎疾患(喘息などの呼吸器疾患、慢性心疾患、糖尿病、腎臓病など)がある場合は、早めに受診してください。

 (裏面のチェック表でご確認ください。)

 

「帰国者・接触者相談センター」はすべての都道府県で設置しており、詳しくは次の

URLをご覧いただけます。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou

/covid19-kikokusyasessyokusya.html

 

3 発熱、咳で医療機関を受診した場合、学校に電話連絡し、次のことをお伝えください。

 ・症状や症状が出始めた日

受診した医療機関や受診日

診断名

 

 

【参考】日常の健康管理と基本的な感染症対策

免疫力を高めるため、十分な睡眠、適度な運動やバランスのとれた食事を心がける。

人混みを避け、手洗い、うがい、マスクを着用するなどの咳エチケット等の感染予防を徹底する。

 

 

問合せ先

保健室 小林

電話 (042)761-5055


 

【チェック表】

発熱等の風邪症状が見られるときは、「帰国者・接触者相談センター」に相談するべき状態か確認し、表のチェック項目に一つでも該当すれば、「帰国者・接触者相談センター」に相談してください。

 

 

チェック

項 目

 

 

 

強いだるさ(倦怠感)がある

 

 

 

強い息苦しさ(呼吸困難)がある

 

 

 

咳やくしゃみなどの風邪の症状が4日以上続く場合

糖尿病等の基礎疾患がある方等は2日程度続く場合

 

37.5度以上の発熱が4日以上続く場合

糖尿病等の基礎疾患がある方等は2日程度続く場合

(解熱剤を飲み続けなければならない場合も含む)

健康観察票

 

kenkoukannsatu1.jpg

kenkoukansatu2.jpg

PDFデータはこちら(PDF:278KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。