相模原弥栄高等学校 > 学校生活 > 最新トピックス > 相模原弥栄高校音楽科 第11回定期演奏会開催しました!

更新日:2020年11月2日

ここから本文です。

音楽科第11回定期演奏会

「相模原弥栄高校音楽科 第11回定期演奏会開催しました!」

 令和2年10月29日(木)【音楽科第11回定期演奏会】が「杜のホールはしもと」で開催されました。演目は、ソロ・室内楽、オーケストラ、オペラの三部構成となっており、多くのお客さまにご来場いただきました。ありがとうございました。

 この公演の模様は、11月2日(月)18時10分からのNHKテレビ「首都圏ネットワーク」で紹介される予定です。

 今回のオペラ演目は、W.Aモーツァルト作曲のジングシュピール「魔笛」で、昨年の11月から授業で取り組んできた作品です。本来であれば5月に公演をおこなう予定でしたが休校で公演中止となり、授業が始まる6月頃から少しずつ練習が再開されました。新型コロナウィルス感染症防止対策をとっての練習や本番は、常にマスクや眼鏡付きフェースシールド、パーテーション越しにおこなわれ、演出についても変更が必要となりました。観客は招待者のみとなり、客席シートの限定、換気のための休憩などホールガイドラインに沿っておこなわれました。本番に向けての感染防止策は数えきれないほど多くのものでした。

 こういった中であっても、3年生を中心として多くの生徒が知恵を出し合い、教員とともに工夫や準備をおこない本番は大変充実した公演となりました。「音楽を皆で演奏できる喜び」と共に「音楽を勉強し続けることができる」ことを再認識したものとなりました。そして何よりも、多くの方々に支えられてこの演奏会開催が実現できたことに心より感謝を申し上げます。

第11回定期演奏会