相模向陽館高等学校 > 学校生活 > 授業風景 > 令和元年度国際食文化

更新日:2019年10月24日

ここから本文です。

令和元年度国際食文化

10月17日 授業風景

ブラジルの食文化について知ろう

講師に 谷ちあら先生 をお迎えしてブラジルについての授業を行いました。

まずは調理実習です。
簡単に谷先生のご紹介をしてから、「トルタ サウガーダ」というブラジル料理を作りました。
トルタ サウガーダは甘くないタルト…キッシュのような料理です。
卵・小麦粉・牛乳などを混ぜて型に流し込んだ生地の上に、ツナと野菜を炒めて味付けしたものを乗せ、チーズをかけたらオーブンで焼きます。
ブラジルでは古くからある家庭料理で、軽食として親しまれているそうです。

焼き上がりを待つ間、谷先生のお話を聞きました。
○ブラジルは他民族国家で、食文化も地域によって様々
○日本とも繋がりが深く、150万人の日系人が住む世界一の日本人移住者受け入れ国
…といったことを、スライドを使ってわかりやすく説明してくださいました。

最後に焼き上がりをみんなで試食!
ふわふわの生地に食べ応えのある具材で、とても美味しくいただきました。

調理実習の様子 調理実習の様子 調理実習の様子 調理実習の様子 調理実習の様子 講話の様子 焼き上がり 試食の様子