相模向陽館高等学校 > 学校生活 > 授業風景 > 令和元年度国際食文化

更新日:2019年12月4日

ここから本文です。

令和元年度国際食文化

11月14日 授業風景

ペルーの食文化について知ろう

講師に 渡久地ミゲル先生 をお迎えしてペルー料理の調理実習を行いました。
「アロズ コン ポヨ」(ペルー風鶏の炊き込みご飯)と「パルタ レジェナ」(アボガドのサラダ)の2品を作りました。

渡久地ミゲル先生 アロズ・コン・ポヨ パルタ・レジェナ

まずは炊き込みご飯から。
骨付きの鶏もも肉と調味料は先生が下準備をしてくださっていたので、野菜を切って炒めるところからスタートしました。
お米も一緒に炒めてから味付けをし、炊飯器のお釜にセット。

調理実習の様子 調理実習の様子 調理実習の様子

続いてサラダの調理に取りかかります。
こちらも、鶏むね肉と調味料は下準備をしてくださっていたので、野菜を切るところからスタート。
全ての野菜を角切りにしてボールに入れ、細かくちぎった鶏肉と混ぜて味付けします。
アボカドの皮をむいて種を取り半分に切ったら、種を取り出したくぼみに具材を乗せて出来上がりです。

調理実習の様子 調理実習の様子

炊き込みご飯は、途中で炊飯器が止まってしまってうまく炊けないというトラブルが起きてしまい…
リゾットのように出来上がりになりましたが、どちらも美味しくいただきました。