瀬谷西高等学校 > 学校概要

ここから本文です。

学校概要

校長挨拶

瀬谷西高校のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

 

令和2年4月1日に着任をいたしました、第14代校長の小林 幸宏です。

どうぞよろしくお願いします。

 

本校は昭和53年に創立し、今年度創立43年目を迎えます。この間13,800人の卒業生が、様々な分野において、地元はもとより全国各地で活躍しております。校地は横浜市瀬谷区の緑に囲まれたとても良い環境にあります。

 

4月7日に310名の新入生を迎え、43回目の入学式を行いました。新型コロナウイルスの感染拡大防止のために窓を開けた体育館だったため、呼名の合間に鳥のさえずりが聞こえる、ほのぼのとした雰囲気で行うことができました。新入生に向けたあいさつの中で次のような話をいたしました。このメッセージを着任のあいさつに代えさせていただきます。 

 

本校は、令和5年4月、瀬谷高等学校と統合し、新たな学校としてスタートすることになります。瀬谷西高校にとっては、「最後」の入学式になり、皆さんは「最後」の入学生となります。「最後」というと多少寂しく聞こえるかもしれませんが、発想を変えれば、駅伝やリレーで言うアンカーになります。それも43年もの歴史のゴールテープを切る華やかなアンカーの役目が皆さんに託されたわけです。後ろを振り向く必要はありません。常に前を向いて走り続けてください。私たち職員一同も一丸となって皆さんを支えていきます。

 

 

本校の校訓は「夢と希望の実現」です。これは、高い目標を持ち、一日一日を大切にしながら、そして一歩一歩、希望をもって着実に努力を重ねていけば、夢が現実のものと成り得るということです。そのためには、今から将来に向けて夢や目標を見つけてほしいということです。中学校と違い、高校を卒業した後の進路は様々です。同じ大学や専門学校でも、学科やコースはそれぞれ違います。つまり自分が将来何をやりたいのか、そのためには今何が必要なのか自分で考え、選択しなくてはいけません。与えられた教科の学習を言われるままにこなすだけでは意味がありません。自分が何をやりがいとしてどのように生きていきたいかを常に意識しながら、だからこの勉強をしているのだといえることが必要です。

 

これからどのような社会になっていくのかが見えない時代です。受け身でなく、主体的に人生を切り開いていこうという気持ちが大切です。焦る必要はありません。ですが、自分だけの夢や目標を見つけてください。

  

今後も全職員が一丸となり生徒を支えサポートしていきたいと思います。

よろしくお願いいたします。

 

                                                                                                         令和2年4月 校長 小林 幸宏

 

 ・令和2年度 1学期終業式 2学期始業式 校長より(PDF:171KB)

 ・令和2年度 檜祭(文化祭)閉祭式 校長より(PDF:73KB)

 ・令和2年度 2学期終業式 校長より(PDF:196KB)

 ・令和2年度 第41回卒業式 式辞(PDF:143KB) 

 ・令和2年度 3学期修了式 校長より(PDF:126KB)

 ・令和3年度 1学期始業式 校長より(PDF:90KB)

学校経営

                令和元年度 学校評価報告書(実施結果)(PDF:381KB)

                                           令和2年度不祥事ゼロプログラム検証結果(PDF:343KB)

               いじめ事案への対応フロー図(PDF:75KB)

 

 

  

 

    

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。