更新日:2020年11月5日

ここから本文です。

訪問教育

1. 訪問教育目標

  ① 一人ひとりの生活の充実をめざす。

  ② 個々に応じた自己表現力を育てる。

  ③ いろいろな人との関わりや体験を通じて、興味・関心や意欲を育てる。


2. 児童・生徒数

 (令和2年4月1日付)

学年 肢体不自由教育部門 合計
小学部1年 1名 1名


3. 時間割


4. 学習内容

 

授業名 学習内容
始まりの会 ・大きな日めくり暦で月、日、曜日を確認して天気の話をします。その後、今日の学習内容を伝えます。
からだの時間 ・音楽に合わせて、主に手、足をほぐして体をリラックスさせます。
図工 ・いろいろな素材や道具を使って描画活動や造形活動を行い、基礎的な表現技能を身につけ、表現する楽しさや喜びを味わうことをねらいとしています。
生活 ・日常生活のいろいろなことを実体験させながらわかりやすく取り上げて、児童の日常生活に活かしていくことをねらっています。
音楽・おはなし

・音楽に興味関心をもち楽しさを味わえるように、歌唱、楽器遊び、鑑賞等の活動を行っています。

・絵本の読み聞かせを通して、語彙を伸ばしたり教員と一緒にお話しを楽しんだりしています。
終わりの会 ・その日の学習を振り返ります。
   

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。