更新日:2019年5月16日

ここから本文です。

訪問教育

1. 施設訪問教育目標

  ① 一人ひとりの生活の充実をめざす。

  ② 個々に応じた自己表現力を育てる。

  ③ いろいろな人との関わりや体験を通じて、興味・関心や意欲を育てる。


2. 児童・生徒数

 

学年 肢体不自由教育部門 合計
中学部2年 1名 1名


3. 時間割


4. 学習内容

 

授業名 学習内容
始まりの会 ・大きな日めくり暦で月、日、曜日を確認して天気の話をします。摘んできた季節の花の紹介もします。その後、今日の学習内容を伝えます。
からだの時間 ・音楽に合わせて、主に手、足をほぐして体をリラックスさせます。
課題 ・英語の歌を聴きながら、絵カードを見てジェスチャーをしたり、打楽器でリズム打ちをしたりします。
・粘土や伸びの良いクレヨンなどの感触を味わって季節の植物、果物などを題材にした作品を制作します。
・ウォーターベッドでビーズ入り風船の音やふわふわの感触を楽しんだり、スヌーズレンの灯りの動きや色の変化を鑑賞したりします。
終わりの会 ・その日の学習を振り返ります。時にはアロマも嗅ぎながらゆったりと終わります。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。