研修 > 人権研修(終了のお知らせ)

更新日:2019年9月19日

ここから本文です。

人権研修(終了のお知らせ)

令和元年7月24日(水曜日)9時30分から10時30分に校内の教員を対象に人権研修を実施しました。

研修のねらいは次のとおりです。

 

  • 人権感覚について理解する。
  • ワークを通して、他の人の意見を理解し、受け止め、整理するプロセスを体験する。

 

講師について

 

  • 梅本知成氏(本校中学部長)

 

研修の内容は次のとおりです。

 

  • 6人グループに分かれる
  • 「人権教育ハンドブック」から人権について知る。
  • 人権とは何か・人権を尊重するとはどのようなことか・人権感覚について・児童生徒の人権への配慮
  • ワークの準備・班の進行役を決定
  • ワーク(日頃の児童生徒の関り方で、大切に考えていることや気づいたことを意見交換)
  • 付箋に箇条書きで各自の考えや気づきを書く。
  • 班ごとに記入した付箋を台紙に張りつけながら意見交換をする。似ている意見についてまとめる。
  • まとまりごとに表題をつける。
  • 班の発表役を決める。
  • 振り返りと共有として、班ごとに発表をして、内容を共有する。

 

振り返りアンケートでは次のような意見や感想が挙げられました。(抜粋)

 

  • 人権感覚とは何かを再確認して振り返る良い機会となった。
  • ワークを通して教師として児童生徒とのかかわり方を考える良い機会となった。
  • 児童生徒との関りの中で、児童生徒に安心感を与えられるような関りについて共有することができた。

 

人権