研修 > 令和元年度神奈川県立横浜南養護学校公開講座(終了のお知らせ)

更新日:2020年1月7日

ここから本文です。

令和元年度神奈川県立横浜南養護学校公開講座(終了のお知らせ)

令和元年12月23日(月曜日)14時から15時30分にかけて「令和元年度神奈川県立横浜南養護学校公開講座」を実施しました。

 

研修のねらいは次の通りです。

 

  • 子どもの病気や障害について知り、こども医療センターの機能や役割について理解を深めることで、「治療の過程にあるこどもたちに対して、彼らの学びを支援し続ける学校」の教員として必要な知識を得る。

 

次の方に講師をお願いしました。

 

 

  • こども医療センター血液・腫瘍科:横須賀とも子医師

 

研修の内容は次のとおりです。

 

  • 1.こどもたちの実際の声
  • 2.慢性的に入院をしているこどもの病気について
    • 総論:一般的な小児疾患
    • 各論:腫瘍のこどもの一般的な経過
  • 3.晩期合併症について
  • 4.治癒がむずかしくなったこどもたちへの教育について
  • 5.今後の取り組みと学校との協力の実行可能性
  • 6.質疑応答

 

振り返りアンケートでは次のような意見や感想が挙げられました。(抜粋)

 

  • 実例を挙げながらのお話はとても興味深くあっという間に時間がきてしまいました。いつも自分の非力さを嘆きつつ子どもたちと向き合っています。Not-doing,but-beingでいきたいと思います。
  • 入院中の子どもの気持ちや、退院後の気持ち等、教員がなかなか聞けない部分について話してくださり、学ばされた。終末期や緩和ケアが必要な子どもについて、学校と医療が一緒に考えていくことが大切だと感じた。大変勉強になる時間だった。

mannseisikkann