研修 > 夏季公開講座(終了のお知らせ)

更新日:2019年9月19日

ここから本文です。

夏季公開講座(終了のお知らせ)

令和元年7月24日(水曜日)13時から15時にかけて「夏季公開講座」を実施しました。

研修のねらいは次のとおりです。

 

  • 本校の教職員の専門性を高めるために、合理的配慮や特別支援教育について当事者の体験を踏まえた講義を聴講する。
  • 公開講座として講座を公開し、病弱教育に関する理解を進める。

 

次の方に講師をお願いしました。

 

  • 横浜国立大学非常勤講師:高野陽介氏

 

研修の内容は次のとおりです。

 

  • 自己紹介
  • 身体の状態
  • 院内学級での学習
  • 公開講座の内容
  • 障害者権利条約
  • 特別支援教育体制整備の状況
  • テーマ1.高校に行きたくても受け入れてもらえない
  • テーマ2.受け入れるけど、保護者の付き添いが必須
  • テーマ3.頑張っても頑張らなくても体育は「3」
  • テーマ4.進路指導の課題
  • テーマ5.事例の蓄積がされていない
  • テーマ6.何よりも「障害理解」が大切
  • 質疑応答

 

振り返りアンケートでは次のような意見や感想が挙げられました。(抜粋)

 

  • インクルーシブ教育を実践するための課題として「進路指導の問題」や「障害理解を進めていくこと」が課題であることを知ることができた。
  • 病弱教育に関わる教員として、当事者の思いとして「院内学級での学習が、今となってはありがたかった」という思いを抱かれていることを知ることができてよかった。

公開講座