横浜桜陽高等学校 > 新型コロナウイルス感染症対策として

更新日:2022年8月2日

ここから本文です。

横浜桜陽高等学校における新型コロナウイルス感染症対策について

 新型コロナウイルス感染症対策として、国庫補助金等(計270万円)を活用し、次の消耗品・備品等を整備しております。

 

 オンラインによる集会等のためのプロジェクターの吊り下げ式設置

 puro

 感染予防のための非接触型体温計の設置

taion

 接触機会を減らすための図書返却ボックスの設置

box

●感染防止のための消毒の実施

syodoku

 ●感染予防のためのCO2濃度測定器

co2

●飛沫拡散防止のための拡声器

kakusei

●オンラインによる集会等のためのプレゼンテーションマウス

mausu