横浜修悠館高等学校 > 学校概要 > 校長あいさつ

更新日:2020年4月5日

ここから本文です。

校長あいさつ

神奈川県立横浜修悠館高等学校のホームページにおいでいただきありがとうございます。
本校は平成20年4月に開校した公立の通信制独立校です。湘南高校通信制と平沼高校通信制の2校を集約し、旧和泉高校校舎を活用しています。

通信制高校の歴史は、昭和23年に働く青少年や成人のために、教育の機会を保障する学校制度として始まりました。70年余り経った今、通信制高校は新たな可能性を持った学びの場として注目を集め、全国で高校生全体の20人にひとりが通信制高校の生徒として学んでいます。

通信制で学ぶ生徒の動機も働きながら学びたいというものから、
「アスリートとして大会に出場しながら高校を卒業したい」
「子どもを育てながら学び直しをしたい」
「今までは学校に行くことが難しかったが、通信制の柔軟な学習システムで学習の遅れをとり戻して充実した高校生活を送りたい」
と非常に多様化してきました。

本校はまさに多様化する入学生の学習支援や社会につながるキャリア支援を使命とし、「生徒の自立と社会参加」を目標に、「平日講座」「日曜講座」「IT講座」という科目ごとに選べる3形態の学習システムを展開しており、【20種類の重層的支援策】を構築しました。

個に応じた支援プログラムとして小中学校の学び直し【トライ教室】や外国につながる生徒の学習支援【架け橋教室】は熱気あふれる学習空間です。

就職相談は【キャリアガイダンスルームA】、進学相談は【キャリアガイダンスルームB】進学・就職の専門アドバイザーがいつでも丁寧に相談に乗ってくれます。

【キャリア活動】という自由選択科目でインターンシップに行き、今まで苦手だった人前での発表ができるようになった生徒たちが大勢います。

通信制での学習は一人ひとりが自分の生活に合った学習計画を立て、スクーリングに出席し、期限内にレポートを提出、試験に合格すれば必ず単位を修得できます。もちろん決して楽ではありません。しかし、やるべきことがはっきりしているため、「やったらできた」という達成感と満足感が生まれ、レポートが戻ってくることが楽しみになり、さらなる頑張りを引き出します。「勉強ってこんなに楽しいものだったんですね」という修悠館生の声をよく聞きます。

部活動や委員会活動、文化祭でも少ない時間で部員と顧問が相談しながら活動し、地域での発表や全国大会での上位入賞など活躍の場を広げています。

年度の学校見学及び学校説明会は、学校における教育活動が再開でき、安心安全が確認された後、本校ホームページでご案内申し上げます。それまでは同ホームページ校長通信にて通信制教育のシステムや本校の様子について発信してまいります。

校長

令和2重層的支援

2020未桜 2020桜
秋 冬