大和南高等学校 > 2020年度『多羅樹』 > 【多羅樹】2020年度クラス紹介

更新日:2021年3月9日

ここから本文です。

2020年度クラス紹介

2020年度『多羅樹』の原稿です。
今年度のすべての原稿を見る場合は、こちらからご覧ください。

1学年多羅樹委員 Iさん 『1年1組』

新型コロナウイルスによる自粛期間で少し遅れての高校生活が始まりました。このクラスの担任はM先生で英語の先生です。入学式にクラスに入ってきたときは見た目がすごく怖そうでした。しかし入学式が終わってクラスで先生が話すと、とても面白くて親しみやすい先生だとわかりました。授業に集中して取り組んでいると少し早く終わらせてくれるところがいいところだと思います。
そして副担任のK先生は理科の先生です。見た目は松山先生と違いとても優しそうでした。授業中にいきなりアニメとかの話をしてきてたまにしらけちゃうときもありますが授業もわかりやすくて優しい先生です。
1学期は行事も無くなってしまい特に楽しいことはありませんでした。2学期が始まってからは文化祭が始まりました。1年1組は駄菓子屋をやることになりました。文化祭準備ではダンボールを集めたりお菓子を買いに行ったりしてとても大変でしたが楽しむことができ、クラスで協力することができました。文化祭当日は1日目でほとんど売れてしまい2日目には完売するほど繁盛していて嬉しかったです。
そして球技大会ではみんなで戦うことができました。男子は特に結果を残せませんでしたが、女子は上の方まで行くことができました。1年1組男子みんなで作戦を考えたりすることができ楽しかったです。他にも女子を応援したりして楽しめました。
1年1組は個性的な人が集まっていて休み時間とかは騒がしいですがとても楽しいクラスでした。残り少しですが楽しく過ごせたらいいです。

 

1学年多羅樹委員 Sさん 『1年2組』

員がそろったのは入学式でした。高校の勉強や友達が出来るか等、不安でいっぱいでした。その後、コロナウイルス感染症拡大の影響で自宅学習となりました。その中でクラスを2つに分け、リモートで自己紹介をしました。マスク越しでしたが初めてよく皆の顔を見ることができ、聞いたことのない出身中学やこれから頑張りたいこと、クラスをどのようにしていきたいかを知ることができました。頑張りたいことで勉強と言ってる人が多く刺激を受けました。
高校初めてのテストでは不安の方が大きかったけれどよく頑張ったと思います。その時のクラスの雰囲気は、まだ全体ではなじめていなく、2人〜3人くらいや、中学校が同じだった人たちなど話すだけでした。
しかし、南翔祭できっかけに変わりました。まず、クラスで出し物を決める時に色々な意見が出て販売になりました。その後、作業と買い出しに分かれ進めていくうちに話したことのない人と話すようにもなりました。クラスの看板の色塗りの際に色が足りなくなり、このままじゃ進まないと思っていたところ、クラスメイトから話しかけられ率先して買い出しに行きました。話したことのない人と話せたので良かったです。看板を塗っている際に一人が絵の具の水をこぼす場面がありましたがみんなで一緒に拭くなどして協力し、皆友達想いだと思いました。文化祭中はクラスで分担したシフトの時間通りに全員が来て、飲料も完売しました。2年生になっても助け合いの精神を忘れないでいきたいと思います。

1学年多羅樹委員 Iさん 『1年3組』

自分がいる1年3組は、『みんなが仲良し!』これに尽きると思います。具体的には昼休みなどで共通のゲームや話題をやったり話したり、行事などを通してクラスの仲がとても良いです。球技大会では、1・2年の大会で男子は見事優勝したのですが、男子だけではなく女子も同じくらい喜んでいました。1年3組は『男子と女子の仲が良いクラス』である事も分かりました。
また、1年3組は比較的勉強の出来るクラスだという事も分かりました。テストでは3組の平均点が1番高くて、自分は頑張ってついていこうと必死です。
最後に1年3組の特徴と言えば『やれば出来るクラス』つまりYDCですね。部活で疲れている人は授業中に寝てしまっていたり、学科を遅刻してしまったり。普段はダラけている部分が多いかもしれませんが、そんなクラスも何か一つの目標があるだけでみんなの意識がすぐに変わります。今年は新型コロナウイルスの影響で本当に早い一年でしたが、自分が入学して初めてのクラスが1年3組で本当に良かったなと心の底から思っています!残り少ない時間を全力で楽しみます。

 

1学年多羅樹委員 Kさん 『1年4組』

1年4組は休み時間、授業中を問わず元気で明るいクラスです。担任の先生と良くコミュニケーションをとっていて、担任が授業するコミュニケーション英語Ⅰでは意欲的に授業に取り組む姿が見られます。また、総合の時間などでグループワークに取り組む際には一人一人が声掛けして楽しく過ごせています。
私は自分から話しかけない性格で、よく煙たがられるのですが、このクラスはそうでもなくて、よく話しかけてくれてまとまりができていると思います。この前の体育大会でも、人数不利の中で必死にボールを取りに行く姿が見えました。
テスト前になるといつもより集中して学習しています。静かなクラスなので、授業は進めやすいと思いますが、先生の目線から見ると生徒の理解度の把握が難しく、やりづらさがあるであろうことは否めません。なので、うるさいのは問題ですが、少し騒がしいくらいの方が授業を楽しめる。このクラスにいて、そのようなことを思いました。 

 

1学年多羅樹委員 Tさん 『1年5組』

私のクラスはとても個性的な人がいっぱいいます。声がよく通る人、自分の意思をまっすぐ貫ける人、みんなを引っ張って行ける人などの色々な人がいます。
文化祭のとき準備の段階からみんなで意見をだしあって、当日は繁盛して、とてもいい思い出になりました。二学期末にあった球技大会では女子が1勝しましたが、男子は全敗でした。それでも皆、一生懸命になってやっていました。
授業で4人班になって調べ物や話し合いのときや英会話のときも男女の間に壁はなくお互いに意見をだしあったりしています。日常でも分け隔てなく、クラスでは笑いがたえない日が多いです。新型コロナウイルスが流行して学校が始まるのは遅くなってしまいましたが、今ではその遅れがなかったのかのように仲がすごく深まっています。
いつもワイワイガヤガヤしているこのクラスは私にとってはとても心地よい場所です。勉強面ではあまりよろしくないですが、それでも協力し合って、そこをがんばって補おうとしています。この1年過ごして、色々な思い出が残る充実したクラスでした。 

 

1学年多羅樹委員 Mさん 『1年6組』

私のクラス1年6組の特徴を紹介します!
1つ目はメリハリの良さです!行事や休み時間など盛り上がるところはとても盛り上がり、授業が始まれば皆集中して静かにしているので自分も授業に集中しやすいです。
2つ目は団結力です!昼休みには他のクラスと比べて教室にいる人数が多いのでみんなで集まってゲームをしたりして遊んでいます。
また球技大会のときには、ただ楽しむだけでなく作戦をたててそれをクラス全員で実行する行動力と勝つことのこだわりがどのクラスよりもあると思います。
3つ目は個性の強さです!文化祭でのクラスの出し物ではインスタ映えを意識した教室の飾り付けと加えて大和南の正門の飾り付けをしました。インスタ映えの教室と正門の飾り付けの2つをやるという変わった発想で他にはない個性をみんなに見せられたと思います。
私のクラスは面白くてとても居心地がいいので残りの数ヶ月間を悔いのないように楽しんで過ごしたいです。

 

1学年多羅樹委員 Tさん 『1年7組』

一年七組では、とても親切な人やフレンドリーで優しい人が多く見られ、また、人柄豊か個性溢れるクラスです。
最初の頃は皆緊張をしており、会話がとても少なく静かなクラスとして先生方からも多くの好評がございました。 ですが、だんだんと皆お互いに慣れてきて良くも悪くも賑やかな雰囲気のクラスへとなっていきました。
今年の南翔祭と呼ばれる文化祭活動では、などのコロナの影響で一般公開無しの非公開となったり、充分な準備時間が取れなくなった時に、わざわざ自ら進んで放課後居残りをして準備を手伝っている人など行事活動に積極的かつ貢献的に取り組む人が多くいました。
他には、球技大会において勝ったときは喜びあい、負けても残念だったね、と他者を責めること無く割り切って数少なくなってしまった行事活動を楽しんで活動していました。
結論を言うと、今年はコロナが猛威をふるいほとんどの行事が休止となったのにも関わらず、開催できることになった行事はお互い協力し合い少しでも盛り上がっていこうと努力していた素晴らしいクラスです。
ふれあいのない環境の中でも、声をかけあって協力をし合い行事に専念出来ていたのは、フレンドリーな人や協力的な人が多いクラスであることを間接的に証明してくれたのではないかなと思っています。

 

1学年多羅樹委員 Kさん 『1年8組』

これから、大和南高校1年8組の魅力を紹介します。みなさんこんにちは。僕は今回1年8組のクラス紹介を担当することになりました‎1年8組の人です。1年8組の楽しい日常や魅力について迫っていきたいと思います
1年8組の生徒達は、皆大変優秀であり、個性的であると僕は感じています。根拠は沢山ありますが2つ程抜粋して紹介していきたいと思います。
1つ目は、教室の雰囲気がとても良いです。クラスが決まったばかりの頃は誰一人話さないようなとても真面目で緊張感が漂うクラスでしたが、それも時間がゆっくりと解決。今では生徒一人一人とても仲良くしています。また、授業中の雰囲気もとても良く、節度を持ったコミュニケーションと、やるべきはちゃんとやるケジメが皆備わっています。
2つ目は、みんな賢いです。テストの平均点は学年でもかなり高い方だと先生方から伺っております。三学期は「全教科1位取るぞ‼」と意気込んでいます。
このように、1年8組の生徒達は楽しく充実した日々を送っています。また、三学期や来年度も充実させていきます。以上です。

 

2学年多羅樹委員 Iさん 『2年1組』

2年1組は仲のいい人達で固まっていることがほとんどです。しかし、行事などのみんなでやらなければならない事はしっかりと団結できるとても良いクラスです。男女仲が特別悪いわけではないため、団結できるのだと思います。
また、良い意味でも悪い意味でも賑やかで、授業が進まないことがありますが、やる時はやる人が多いです。好きな物を好きと言える人が多く、好きなものについて話し合っていることも頻繁に見られます。
学年が変わった最初の頃は、新型コロナウイルスの影響で学校に行くことが出来なかったため、人見知りをする私はクラスでやって行けるか心配でした。ですが1組の人は社交的な人が多く、学校でも話しかけてくれすぐに馴染めました。そのため授業の中で分からないことがあった時に友人に聞いたり一緒に解いたりして、お互いを高められると思います。
私は色々なことを含めてこのクラスでよかったなと思います。

 

2学年多羅樹委員 Mさん 『2年2組』

2年2組はみんながとても面白く授業中もとてもメリハリをもって楽しいところは楽しく、真面目になるところは真面目なすごくいいクラスです。休み時間はみんなでゲームをして遊んだり、放課後や休みの日も遊んだりなどとても楽しいです。
それに学校行事では、みんながまとまり、みんなが率先して手伝いや企画をやって、文化祭ではなんかの1番をもらえたり、とても素晴らしいです。他にも、球技大会では受賞までできなかったものの、男女ともにいいところまではいけたと思います。クラス内での喧嘩なども全くなく仲のいいクラスだと思います。

 

2学年多羅樹委員 Iさん 『2年3組』

2-3は在県の生徒を含む文系と理系の混合クラスです。学年主任である井上先生が持つクラスで、面白い事を率先的に行い、友達を笑顔にしてくれる人や、優しい一面を持ち、友達を助けてくれる人など、暖かく、個性豊かな生徒が多いです。
コロナ禍という事もあり、クラスも2ヶ月ほど遅れてのスタートでしたが、当初に感じた緊張感のある空間も全くと言えるほど無くなり、今ではくだらない事も言い合える仲のいいクラスになりました。
9月の後半に行われた『南翔祭』では、クラスメイトで協力し合い、企画や準備を進めて、無事に文化祭を終えることが出来ました。従来の球技大会は無くなってしまいましたが、その代わりのドッジボール大会では、男女が試合をお互いに応援し、その結果、女子は優勝という結果を残せたのと同時に3組の絆が更に深まったと思います。
このクラスで過ごせるのも、残り少なくなりましたが、楽しんでいきたいです。

 

2学年多羅樹委員 Eさん 『2年4組』

今年度は新型コロナウイルス感染症の影響下で新しいクラスになったため、初めのころはあまり知らないクラスメイトと話すことが難しい状態でした。分散登校が終わりクラスメイトと顔を合わせるようになってから少し経つと自分たちのクラスはとても仲の良いクラスだと気付きました。特に自分達のクラスは文系と理系に分かれているのですが、その中で理系は男子しかいないためとてもうるさく、みんなが仲の良い雰囲気でこの一年間を過ごすことができたと思います。僕はこのクラスの中で今までのクラスより1番多くの友達を作ることができました。さらにその中には高校生限りの友達ではなく、大人になっても友達でいられるような人たちと出会うことができました。
新型コロナウイルスによりとても短い一年間となってしまいましたが、今までで1番思い出の詰まった一年間を過ごすことができたと思います。
 

2学年多羅樹委員 Oさん 『2年5組』

コロナ期間ということもあり、クラス全員が揃ったのは6月上旬でした。
初対面の人も多く、中々絆が深まらない中、そんな状況を変えたのが南翔祭です。クラスの出し物はカジノをすることになり、実行委員を中心にクラスの模様替えや必要な物を集めたりしていきました。そうしていく中で、クラスメイト同士でコミュニケーションをとる機会が増えていき次第に人と人との壁が崩れていきました。
今では授業中に分からない問題があれば近くの人に聞いて解決したり、趣味などを共有して中のいい友達ができたり、掃除当番の1人が欠席したときは代わりに別の人が引き受けてくれたりしています。
半年後には、よく発言する人、頭がいい人、面白い人、黒板消しを率先してやる人などなど、クラス内にどんな人がいるかわかっていき、今は笑顔が絶えないクラスとなっています。

 

2学年多羅樹委員 Tさん 『2年6組』

私がいる2年6組は、文系クラスで、「こどもの発達と保育」を選択している人もいるクラスです。クラスの特徴は、全体的にものすごく明るく、元気で活発的な人が多く、積極的に行事に参加し、盛り上げてくれる所です。また、男女問わずとても仲が良く、一致団結しているのが特徴です。
授業中は、積極的に挙手や授業内での発言をし、授業を円滑に進めてくれる所が良く、時々騒がしいと思う時が多々ありますが、それぐらいものすごく明るく元気で活発的なクラスです。さらに、グループ活動などの話し合いをする際は、相手の意見をすぐに否定をせず尊重し、その意見を聞いた上で自分の意見を言う人がたくさんいます。
学校行事の際は、クラスで一致団結して行事を成功し、楽しませようと努力しています。例としてまず、南翔祭の時は「買い出し僕行くよ」「次なにやれば良い?」とクラスとために行動できる人が多くいたので、準備も当日も協力して楽しくでき、南翔祭を盛り上がることが出来ました。そして、球技大会は、1年生の時と違い、男女別クラス対抗ドッジボールになり、ボールの取り方や動き方などは動画でシミュレーションし、大会に挑んだりしました。
私がいる2年6組は、一人一人が努力し、クラス関係なく応援をし、何事も全力で楽しめる人が多くいるクラスです。 

 

2学年多羅樹委員 Nさん 『2年7組』

僕のクラス2年7組はクラス全体の仲がとても良く活気に満ち溢れたクラスです。授業では皆静かに聞き、授業態度もいいと思います。休み時間と授業中とのメリハリが良くとても居心地の良いクラスになっています。コロナの関係でクラス全員が揃うのが例年より遅い中で、1ヶ月経たないぐらいには緊迫する空気感から誰もが入りやすい空気感にかわり、活気が溢れていました。
体育祭という行事がない事で、文化祭が今年度初めての行事となり、何をやるのか少し決めるのに時間が掛かりましたが、決まってからは物や誰が何をやるのかなどはすぐに決まり、クラスメイト全員が協力して参加する事でき、思い出に残る文化祭になったと思います。
この短い1年間で得た物をこれから先も大切にし、2年生での経験を忘れないようにしていきたいです。 

 

2学年多羅樹委員 Tさん 『2年8組』

私がいる2年8組は、基本的に男子が理系で、女子が文系で世界史選択の混合クラスです。
まず始めに、私がいるクラスの特徴は、全体的にクラスの雰囲気が良く、男女の関係を問わず仲が良く、特に、担任の先生とは、冗談を言い合える仲であり、和気あいあいとして、明るく、ほっこりとしたクラスです。
次に授業中は、全体的に私語がなく、教科担当の先生の話を聞き、集中して授業に取り組んでいます。また、グループ活動のときは、テーマに対してグループの中で真剣に考えて発言したり、グループ内発表の際は、発表者の話を真剣に聞き、意見を出し合ったりしています。
さらに南翔祭や球技大会などの学校行事の際は、クラス全員で協力して、何が一番この行事に対して良いのかを考え、意見を出しあい、それにもとづいて行動して、行事を盛り上げ、在校生の人達が行事を楽しんでくれているのかを考えてくれているクラスです。
最後に、私がいるクラスは雰囲気が良く、ほっこりとしたクラスです。

 

3学年多羅樹委員 Aさん 『3年1組』

話し合いやグループワークはスムーズに行えるクラスです。クラスメイト一人一人がそれぞれ自然と役割を持っていて、進行する人、アイデアを出す人、そのアイデアをもとにいろんなものを作る人などに分かれていて、とても居心地の良いクラスだと思います。また、とてもフレンドリーな人が多く、困っていたりする人がいたら、声をかけたりしてくれます。自分も話しかけにくい方だったのでとても心配していたけど、みんな親切で楽しく学校生活を送れました。
文化祭や体育祭などもみんなの意見を聞いて改善点を考えたり、色々な場面で、持っている特技を活かせるように細かく聞いてまわっていたので、たくさんの人が楽しんで十分に発揮できていたのではないかと思います。話したことがなかったクラスメイトも、こういった行事の中で仲良くなっていき、わからないことや伝えなきゃいけない内容などを素早く解決して行動に移して行くことができました。
全員違う意見でもぶつかることもなく、常に平和で明るい教室だと思いました。
 

3学年多羅樹委員 Yさん 『3年2組』

私たちのクラス3年2組はとても明るく、個性的なメンバーが多く毎日にぎわっています。担任の先生は、普段は真面目で生徒思いのすばらしい先生です。たまにぬけているところもあり、可愛くお茶目な先生です。でもそんな先生がいたから、毎日楽しく学校生活を送る事ができました。
このクラスは、何事にも一生懸命に取り組む事ができて、やるときはやる、遊ぶ時は遊ぶなど、オンとオフがしっかりしています。今年はコロナウイルスで色々な事が制限され今までとは違う形での文化祭や球技大会になりましたが、常に全力でクラス一丸となって取り組めたと思います。特に球技大会では、他のクラスに負けないくらいのパワーでやる事ができました。その結果、男女ともに良い成績が残せたと思います。
卒業も近くなってきましたが、残り少ない学校生活を今まで以上に楽しく過ごし、1日1日を大切に過ごしたいと思います。

 

3学年多羅樹委員 Sさん 『3年3組』

私のクラスには多種多様な人がいます。とても元気がありクラスのムードメーカーの様な人、授業中いつも寝ている人やいつもホームルーム始まるギリギリに来る人、遅刻癖がひどい人など沢山の人がいました。ですが自分は決してこのクラスの居心地は悪くありませんでした。
そしてこのクラスのみんなはそれぞれ自分が将来やりたい事が明確に決まっている人が多いと思いました。まだ高校生の時は、将来自分がやりたいことなんてわからないような人が多いですが。ここにいる方々はある程度のビジョンが決まっていました。私はこの点に関してはとても誇れる部分だと思います。
そして私が最後に思うことは、皆さんが高校を卒業したらそれぞれの分野で社会全体に貢献できる様な人になってください。

 

3学年多羅樹委員 Yさん 『3年4組』

私のクラスは36人と他のクラスより少ないです。だからこそと言えるのがクラスみんな、分け隔て無く仲が良いのが自慢のクラスだと思いました。女子にも男子にも明るい人が多くいて行事やイベントでは必ずといって良いほど彼らがクラスを引っ張ってくれていました。授業中も先生が出した話題を広げて、時々陽気な男子がふざけて先生に怒られたりして、普段クラスで喋ることのない人達もそれで笑っていたりしてとても見ていて楽しいクラスだったと思います。
担任の先生もクラス中から愛されていたと思います。総合の時間は担任の指示にみんな忠実に従っていました。中には中々話を聞かなかったり、指示に従わずに先生を怒らせていた生徒もいましたがそれを含めての3年4組だったと思います。
それに才能に溢れた人もたくさんいました。ダンスが上手い人、頭が良い人、ギターや歌が上手い人、場を明るく出来る人、可愛い人…などなど。とにかく個性が豊かで暖かなクラスだったと思います。私は高校生活最後のクラスがこの三年4組で良かったと、半年程度でしたが共に過ごしていて心からそう思いました。

 

3学年多羅樹委員 Sさん 『3年5組』

3年5組はクラス内でグループが存在せず、一人一人が仲の良いクラスです。新型コロナウイルスの影響で通常よりもクラスで一緒に過ごす時間が少なかったのですが、その影響を感じさせないぐらいすぐにみんな仲良くなっていました。そして文化祭では、新型コロナウイルスの影響のため、一般公開ができず、とても悔しい思いをしました。そう言った厳しい状況下でも、最後まで諦めずやり遂げた結果、高校生活最後の最高の思い出を作ることができました。
そして僕は3年生という最後の1年間で3年5組のみんなと一緒に学校生活を送れて良かったと思っています。 

 

3学年多羅樹委員 Yさん 『3年6組』

3年6組は合計40人、普段は明るく、いざというとき一人一人の持っている力をフルに出して協力し合うとても良いクラスである。3年6組はこのように、とても明るく楽しいクラスである。悪ガキ集団とはいえども、クラスの雰囲気はかなり明るい。各教科の担当も笑顔で帰っていき、クラスのドアは熱気で曇るほどなのだ。だからといって授業が不真面目なわけではない。その熱気と元気で、いつも意見が飛び交い、実は真面目なクラスでもあるのだ。
この様にこのクラスはみんながそれぞれの特徴を持ったとてもおもしろく良いクラスである。しかしこのクラスはあまりに強すぎる個性のせいか、はっきりした中心人物がいない。その分みんなでクラスを引っぱってゆく理想的なクラスだと思う。こんな最高のクラスメイトや担任と過ごせるのはまさに今しかないので、「今」を大切にしてこれからもたくさんの思い出を作っていきたいと思う。 

 

3学年多羅樹委員 Yさん 『3年7組』

私たち三年七組は、担任の先生がM先生ということもあり、遅刻者・欠席者ともに少なくとても真面目なクラスです。嘘です。実際は、毎日一人は遅刻をし、授業中はあちらこちらでうたた寝をしている人がいるクラスです。しかし、こんな三年七組ですが良いところが数えきれないほどあります。
一つ目は、やる気になれば敵なしなところです。球技大会や学年レクで全員が優勝して、松下先生からお菓子をもらうために一致団結し、球技大会では男女ともに三位入賞、学年レクでは全ての競技で優秀な成績を残しました。
二つ目は、思いやりのある人が多いところです。困っているクラスメイトに手を差し伸ばせる人が多いので居心地の良い教室になっていました。
この一年間新型コロナウイルスの影響で通常よりも短い一年間でしたが、三年七組ではとても濃い一年になりました。 

 

3学年多羅樹委員 Gさん 『3年8組』

今年は新型コロナウイルスの関係で3年生の時間が短くなり、みんなに会う時間も少なくなりました。
8組のみなさんはやさしくて、 おもしろかった。今年は体育祭がなくなったのは残念なことです!高校生活の最後の体有祭なのに!その代わり文化祭で8組のみんなで協力して楽しくできて本当に良かったです!
担任の先生はI先生できびしい先生ですが、たまにかわいいと思いますが、みんなはどうだろう!今年でI先生に担任をもつのが2年目ですが、私は在県なのでわからないことが多く、先生に迷惑をかけてますが、どんな時でも教えてくれてやさしい先生だと思います。ときどき先生におこられますけど。でもおこられないと自分の間違いがわからないので本当に助かります!
また8組のみんなとなかよくなれなかったことは今後悔していることです! 私は日本語うまくなったらいいなー、たくさんの友達ができたらいいなー、と思います、 8組一年間ありがとうー!!