大和南高等学校 > 2020年度『多羅樹』 > 【多羅樹】在県外国人等特別募集枠で入学して

更新日:2021年2月24日

ここから本文です。

在県外国人等特別募集枠で入学して

2020年度『多羅樹』の原稿です。
今年度のすべての原稿を見る場合は、こちらからご覧ください。

3学年多羅樹委員 Yさん

「在県外国人」という言葉は、「外国の国籍を有する15歳以上のもので、入国後の就学期間が通算で三年以内のもの」と定義されている。2018年度の4月に5ヶ国、11人の外国にルーツを持つ生徒が大和南高等学校に入学した。高校3年間で、色々なことに挑戦したことによって、忍耐力を持つことの大切さなどを学んだ。
私が一番努力したことは、勉強である。高校に入学したとき、みんなは日本語があまり分からなかったから、1年生から3年生まで、私達は放課後に日本語の補習を受けていた。 そして2年目には、日本語能力試験のN3とN2を取得することができた。
一番印象に残ったことは、文化祭である。現在、大和南高校では在県外国人等特別募集枠で入学した生徒が28人がいる。それぞれの国の母国語や文化や料理の紹介を展示・発表しました。準備は大変でしたが、みんなと力を合わせて、一つのものを作り上げる達成感を味わうことができた。
高校生活では友達と一緒に遊んだり、努力したりした。とても楽しくて有意義な3年間であったと思います。