横浜平沼高等学校 > 学校概要 > 校長あいさつ

ここから本文です。

校長あいさつ

校長あいさつ

第31代校長 鑪 英治(たたら えいじ)tatara-kocho-face

 横浜平沼高等学校のホームページをご覧いただき有難うございます。本校は明治33(1900)年に神奈川県高等女学校として開校し、数々の変遷を経て、昭和25(1950)年に神奈川県立横浜平沼高等学校と改称し男女共学の学校となりました。

 120年の歴史を持つ県内でも有数の伝統校で、創立以来、数多くの有為な人材を社会に輩出してまいりました。これまで保護者の皆様や各界で活躍をされている卒業生の諸先輩方、そして地域の皆様のご理解と温かいご支援に支えられ、「人間性豊かで創造力に富み、指導的な役割を果たせる人間の育成」という教育目標のもと、日々充実した教育活動を実践してまいりました。

 特に平成28年度からグローバル教育研究推進校の指定を受け、グローバル社会に求められる国際的な広い視野と深い見識を持った人材の育成を目標に、様々な取り組みを行っております。まさに海外に開かれた港横浜の中心に立地する本校ならではの特色であります。生徒にはいろいろな人々と交流し、異なる文化や多様な価値観を認められる寛容な心を養うとともに、国際社会の中で自分の思いや考えをはっきりと伝えながら協働する、そんなグローバル社会で活躍できる人材になってほしいと願っております。

 また、このグローバル教育研究推進校の指定と並行して平成28年度から学力向上進学重点校エントリー校の指定を受けております。こちらは将来の日本や国際社会のリーダーとして活躍できる人材を育成するために、生徒に高い学力を身に付けさせる学校を指定したもので、本校でも第一希望の実現を合言葉に「入れる大学ではなく、入りたい大学への進学」が実現できるよう、学習面、進路面で様々なサポートを行っております。

 このグローバル教育研究推進校としての取り組みと学力向上進学重点校エントリー校としての取り組みは複合的なもので、相互にクロスしたものとなっています。これらの様々な取り組みを重ねることで、10年先、20年先の自分に思いをはせ、高い目標に向かってチャレンジする主体的な生徒を育成できると思っております。そんな生徒たちを横浜平沼高校は全力で支援し、新たな歴史を刻んでまいりたいと思います。今後もさらに進化する伝統校、横浜平沼高校にぜひ温かいご支援とご協力を賜りますようお願いいたします。