更新日:2022年5月27日

ここから本文です。

学校長より

〇 はじめに加藤俊志校長

 このたびは、横浜翠嵐高等学校定時制のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。令和4年4月1日に第27代校長として着任いたしました、加藤俊志(かとう しゅんじ)と申します。どうぞ宜しくお願いします。ここでは、本校の特色、そして、校長として、どんな学校をめざしていくのかについてお話ししたいと思います。

 

 

 

〇 美なりや翠嵐 世界へはばたけ

 令和4年4月6日、第59回入学式において36名の新入生を迎え、全校生徒113名がそれぞれの夢の実現に向けてスタートしました。新学期が始まり、学習活動や学校行事、部活動に意欲的に取り組んでいます。

〇 目指す生徒像

 様々な教育活動を展開し、「自らの人生を切り拓き、生涯をたくましく生きる力を持つ生徒」「人を思いやり、社会と関わり貢献する生徒」「夢・目標を持ち挑戦し続ける生徒」を育成しています。

 

〇 「学びたい」気持ちを大切に!

 本校定時制は、働きながら学びたいと望む人たちのニーズに応えて、これまでに2500名を超える卒業生を社会に送り出した伝統校です。卒業後、様々な分野で活躍をしています。また、本校定時制には様々生徒が学んでいます。年齢も国籍も昼間の活動も異なる生徒たちが、お互い席を並べて切磋琢磨しながら学習しています。だからこそ、勉強だけでなく、一人ひとりがお互いを理解する教育にも力を入れています。本校で学習し、気遣いができる思いやりの心を持てる人間を育成しています。

〇 おわりに~横浜翠嵐で夢を~

 夢・目標を持つことの大切さを入学式や始業式で話をしています。夢や目標を持つことは、行動力の源になるからです。本校では、卒業後の進路を見据え、生徒一人ひとりに対して職場体験や上級学校見学、外部機関との連携によるキャリアガイダンスを実施し、早い段階から進路に対する意識付けを行っています。私たち教職員は、生徒の進路希望を叶えるため、様々な教育活動を創造し、生徒一人ひとりの夢の実現をサポートしています。

    令和4年4月

  校長 加藤 俊志