更新日:2019年10月11日

ここから本文です。

翠翔祭

今年度の翠翔祭は、定時制全員で「モザイクアート」に挑戦しました。クーピーで色を塗り、つなぎ合わせて1枚の作品をつくりました。とても大変でしたが、作品を見た時は、とても感動しました。

翠翔祭1

作品は、全校生徒の集合写真です。

 

 

 

↓作業中の様子です。

モザイク1.モザイク2.

食販団体では、1年生は「焼きそば」、2年生は「焼き鳥」、3年生は「フランクフルト」、4年生は「たこせん」をやりました。

やきそばやきとりフランクフルトたこせん

その他に、多文化共生研究会はフィリピンの料理と中国の料理を作りました。多文化共生研究会は、毎年大人気で、販売とともにすぐに売り切れになってしまいます。

多文化多文化2

展示企画として、保健委員会、イラストデザイン部、写真部もこの日のために、短い時間の中でコツコツと作品を作っていきました。

保健委員会イラストデザイン写真

軽音楽部や合唱部、演劇部も演奏や発表を行いました。とても緊張している様子でしたが、部員が一丸となって奏でるハーモニーや作品はとても感動しました。

合唱軽音演劇

生徒の感想

定時制生徒全員が一丸となり協力し、作り上げた共同作品であるモザイクアートを作るにあたって私は、クーピーで色塗りをする作業が終わりの見えないものの様に感じられました。それでも、着々と作業をこなし、完成像が見え始めるとこの作業が終わりへと向かって行っているのが感じられるようになってきました。そして、文化祭当日に出来上がった作品を見上げると言葉にできない達成感を味わえました。