大師高等学校ホーム > 特色 > 本校の特色

更新日:2019年3月27日

ここから本文です。

本校の特色

今年度より全学年が「単位制普通科」となります

1・2年次には、年次ごとの共通教科・科目により、しっかりとした基礎・基本の徹底を図ります。

2年次には、週2時間だけそれぞれのニーズに合わせて、選択科目があります。

3年次には、文科系大学等への進学を希望する生徒、理科系大学等への進学を希望する生徒、就職等を希望する生徒に対して、それぞれ必要な科目を学習できるよう配置しています。

基礎学力・総合的な学力を育てます

基礎学力の充実を図り、社会の中で積極的に生きていける力を身につけるよう指導しています。

実験・実習や体験活動はもちろんのこと、普通教科・科目においても、生徒が主体的に学習し、成就感や達成感を味わうことのできる授業づくりに努めます。

社会性を身につけ、学校生活が充実するように指導します

生活指導を基盤にして、しっかりとした学校生活が送れるようにしています。頭髪指導や遅刻指導にも力を入れており、一人ひとりの生徒が学校生活を気持ちよく、安心して生活できるようにしています。

部活動・生徒会活動を推進します

部活動を推進し、豊かな心を持った生徒を育成し、自主性と自律性を身につけさせます。

生徒会活動は行事の中核となり、部活動とともに学校全体を盛り上げています。

キャリア教育を推進します

地域の教育資源を最大限活用し、教育活動を通じて、キャリア形成に努めています。

社会の中で積極的に生きていく術を身につけようとする態度とコミュニケーション能力を育成しています。自分の将来設計の夢を描く力を身につけ、卒業時の進路について主体的に判断し、準備が行えるよう支援します。

ホームルームクラスでの活動も重視します

「単位制」である大師高校では、一定の条件を満たすことにより卒業できます。

大師高校は、行事を大切にし、4月には、1年次はふれあいキャンプ、2年次以上は社会見学を行います。6月に体育祭、9月に文化祭、10月に2年次の修学旅行、11月に芸術鑑賞教室、12月にマラソン大会、球技大会と1年間を通じて行事を組んでいて、ホームルームばかりではなく、多くの人とつながりをもって、よりよい人間関係が築けるようにしていきます。(平成28年度を例にしています)

地域に根ざした教育活動を行っています

地域の事業所や施設にご協力いただき、実習・交流を積極的に進めています。

近隣の小中学校との交流、地域の行事などへの積極的な参加をしています。