更新日:2021年8月19日

ここから本文です。

実践力向上講座の詳細

 

1.授業参観・研究協議参加

 授業を参観して、研究協議に参加することにより、授業運営の方法等に対する理解を深める機会とします。

 

2.模擬授業体験

 模擬授業を行い、指導者の実践的な指導を受けること等により、授業運営の方法等に対する理解を深める機会とします。

 

3.教員業務見学

 指導教員に随伴し、教員の日常の職務行動を見学することにより、教員の教科指導や業務全般について理解を深める機会とします。

 

4.授業内補助的指導体験

 指導教員の行う授業(補習授業を含む)に指導の助手として加わり、机間支援等の補助的指導を体験することにより、教科指導や児童・生徒支援等について理解を深める機会とします。

 

5.学校行事等補助的指導体験

 学校行事の準備や運営の指導に助手として加わり、補助的指導を体験することにより、教科外指導や児童・生徒支援等について理解を深める機会とします。

 

6.部活動補助的指導体験

 部活動の指導に助手として加わり、補助的指導を体験することにより、部活動指導における児童・生徒支援等について理解を深める機会とします。

 

7.研究発表会聴講

 国、県及び市町村の研究委託校等の研究発表会を聴講することにより、今日的な教育課題等の内容や対応方策等の研究内容等を学ぶ機会とします。

 

8.県教育イベント参加

 本県の教育の総合的な指針「かながわ教育ビジョン」を踏まえた取組の推進に向けた県民との教育議論の場に参加し、神奈川の教育の今後について学ぶ機会とします。

 

9.その他

 上記に当てはまらないもの。

 

 

令和3年度の取組校等は7月頃に掲載予定です。



※令和2年度の例

小学校(PDF:83KB)

中学校(PDF:75KB)

高等学校(PDF:70KB)

特別支援学校(PDF:69KB)

 

問合せ先:教育事業部 教育人材育成課(かながわティーチャーズカレッジ事務局)

電話番号(0466)81-0253[直通](平日8時30分から17時15分まで)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。