深沢高等学校 > 学校生活 > 部活動 > 男子硬式テニス部

更新日:2020年3月24日

ここから本文です。

男子硬式テニス

◆部員数

 

1年生

2年生

3年生

合計

男子

7人

8人

10人

25人

女子

 

2人※マネージャー

 

2人

 

 

◆活動日

 

朝練習

自主練習

練習、練習試合、公式戦など

放課後

自主練習

 

 

◆部活動紹介

 深沢高校男子テニス部は、ほとんどが高校から始めた初心者です。団体戦では、県ベスト8という目標を掲げ、県大会の会場にもなるハードコート4面という大変恵まれたコート環境の中で、毎日楽しく練習、トレーニングに励んでいます。

2018年度は、県大会個人戦のシングルスで公立高校としては10年ぶりのベスト8、そして高校からテニス部を始めた選手が県大会新人戦のダブルスでベスト8(公立高校では21世紀初!)を獲得しました。初心者でも、強くなれる環境が深沢高校のテニス部にはあります。テニスを始めてみたい方、高校で強くなりたい方、ぜひ深沢高校テニス部で熱い青春を送ってみませんか?

ぜひ皆さんの入部をお待ちしています!

 

◆主な活動実績 2018年度

男子 ・神奈川県 高校テニス大会 シングルス 本戦 ベスト8 遠藤優太(現3年)

    ※公立高校では10年ぶりのベスト8以上進出  1回戦  桐山大地(現3年)

    ダブルス本戦出場 安田周喜(現3年)・系浴颯太(現2年)

             藤田巧(現2年)・引間拓人(現2年)

・神奈川県新人テニス大会 ダブルス ベスト8 遠藤優太・桐山大地

            (第2シードを撃破し、公立高校史上 21世紀初!)

             シングルス 2R 遠藤優太  1R 小松祥大(現3年)

・夏季 湘南地区テニス大会 シングルス 優勝 遠藤優太(2017年冬から夏冬連覇)

                    本戦出場 桐山大地(3R)・系浴颯太(1R)

      ダブルス  本戦出場 遠藤優太・桐山大地(2R)  小松祥大ペア(2R)

・冬季 湘南地区テニス大会 シングルス 本戦出場 桐山大地(2R)、系浴颯太(1R)

       ダブルス  桐山大地・小松祥大(ベスト8)、  系浴颯太・引間拓人(1R)

・県新人団体戦 4回戦(ベスト32) 

・鎌倉4校テニス大会 ダブルス優勝 遠藤優太・桐山大地 シングルス準優勝小松祥大 団体準優勝

・鎌倉市民大会 優勝 遠藤優太・一坂颯(現OB) ベスト4 桐山大地・小松祥大

・湘南地区選抜(遠藤優太・桐山大地) 優勝! 

 

◆昨年度の練習試合実施校

仙台三高(宮城)、東海大相模、法政二、慶應、山手学院、横浜清風、横浜隼人、藤沢翔陵、鎌倉学園、横須賀総合、湘南学園、追浜、大船、七里ガ浜、湘南台、平塚中等、湘南、日大藤沢、金沢、氷取沢、横須賀、上溝南、秦野曽屋、弥栄、相模原中等、桐蔭学園、日大明誠(山梨)、日大鶴ケ丘(東京)、希望ケ丘、横浜立野など

 

男テニス1 男テニス2