更新日:2021年5月11日

ここから本文です。

校長挨拶

神奈川県立保土ケ谷養護学校のホームページにお越しいただき、ありがとうございます。

保土ケ谷養護学校は、横浜市保土ケ谷区権太坂にある学校です。権太坂は、江戸時代、東海道を旅する人々にとっての難所として歴史的にも大変意義のある地です。

この地に昭和51年1月に誕生した保土ケ谷養護学校は、現在、小学部・中学部・高等部の児童・生徒が日々の学習に取り組み、充実した毎日を送っています。また、平成16年には県立舞岡高等学校内に、平成22年には県立横浜平沼高等学校内にそれぞれ分教室が設置され、各高校と連携しながら教育活動を行っています。

保土ケ谷養護学校は、児童・生徒の「自立と社会参加」を目指す学校です。そして、広く「共生社会の実現」を目指す学校です。教室の中で、また、広い校庭・緑豊かな森や農園で、仲間とともに学び、高めあうとともに、校外に出て、小・中・高等学校や地域の方々との交流・共同学習、協力しての活動等を通して、未来を生きる子どもをじっくり育てていきます。

これからも、本校の教育活動にご支援・ご協力をお願いいたします。

 

第15代校長

藤 聡志