小田原高等学校 全日制 > 在校生・保護者の方へ > 荒天時の授業実施について

更新日:2019年5月20日

ここから本文です。

荒天時の授業実施について

(1)午前6時の時点で、気象区分「西湘地区」に『大雨』『洪水』『暴風』の三つの警報がすべて発令されていた場合、生徒は自宅待機とします。(波浪警報等は関係しません。上記3警報のみ該当します。)なお、6時前後に確認のために「メール配信サービス」でメール連絡するとともに「学校HP緊急掲示板」(外部サイトへリンク)に自宅待機の旨を掲載します。

※「西湘地区」とは小田原市、箱根町、湯河原町、真鶴町です。

(2)その後、午前8時および午前10時の2回を目安に、気象状況と交通機関等の状況を総合的に勘案して、自宅待機継続もしくは登校指示を出します。連絡手段は「メール配信サービス」および「学校HP緊急掲示板」をもってします。なお、判断は警報も参考にしつつ総合的に行いますので、警報と自動的にリンクするものではありません。

(3)原則として午前10時の連絡において「生徒休業」または「登校指示」を出す予定ですが、10時以降に継続連絡の必要があると判断された場合には「次の連絡は○○時に行う」等の予告を10時に発出し、その指定された時刻に最終連絡を出します。

(4)自宅が「西湘地区」以外にある等の事情により、授業実施であっても登校が危険と判断される場合には無理に登校せず、後日担任にその旨申し出てください。欠席扱いにはいたしません。