小田原高等学校 全日制 > 特色 > 令和元年度英語ディベート交流大会報告

更新日:2020年11月5日

ここから本文です。

神奈川県高等学校即興型英語ディベート交流大会に参加しました

 令和元年11月2日(土曜日)に県立横浜平沼高等学校で即興型英語ディベート交流大会が開催されました。小田原高校からは8名が参加し、2試合を行いました。

令和1年度英語ディベート交流大会報告 第1回戦は“Casinos in Japanwill give us benefits than harm.(日本のカジノは害悪よりも恩恵をもたらすだろう。)” という論題で、小田原高校校はOpposition(反対側)の立場でディベートを行いました。

 第2回戦は “The Englishprivate-sector test should be introduced into the national university entranceexaminations.(英語検定試験は国立大学の入試に導入されるべきである。)” という論題で、Government(賛成側)の立場でディベートを行いました。

 結果は3位で、2名がベストディベーター賞をいただきました。